第35回目 本当の成功はアフィリエイトで稼ぐことと思っていませんか?

「アフィリエイトの報酬だけで裕福な生活をしてみたい。」

「家族の望むものを何でも買い与えてやりたい。」

 

あなたは、こんな夢を持ちながら、

日夜、

アフィリエイトに取り組んでおられるのではないでしょうか?

 

多分、この夢は叶うでしょう。

あなたがこの夢を実現してみせると思っている限り、

 

でも、これは成功ではありませんね。

成功の為の序曲にようなものです。

 

アメリカの心理学者のコリン・ターナーは、

このように言っています。

 

「成功は目標達成の場所にあるわけではない。

目標までの過程にあるのだ。」

 

成功とは、

「どの方向に向いているか」なのです。

方向さえ正しければ、あとはアクセルを踏むだけ・・

 

アフィリエイトで十分に稼げたら、

あなたの目的は達せられます。

 

そこで終止符を打ってしまうのは、

あまりにももったいない。

 

だから、次は、

もっと大きい夢や目標を定めましょう。

 

周りの人、地域の人達に、

「あなたでしか出来ない、喜ばれることは何か?」

を自分に問いつめて、

 

「あなたの周りをハッピーにする何か」

を目標にするといいですよ。

 

そうすると、必ず世界の見え方が違います。

 

「アフィリエイトで月に100万円稼ぐことを夢、目標」

にしていたことなんて、

とてもちっちゃく感じてしまいますよ。

 

編集後記

私がアフィリエイトを始める時に最初に設定した目標は、

「月に10万円の報酬を獲得すること」

でした。

 

1年程かかりましたが、その目標は達成できました。

 

それでは、次は月20万円、30万円と、

目標金額を上乗せしてきました。

 

その度に初心を忘れてしまい、

目標金額に達しない時はひどく落ち込みました。

 

そこで、

「こんな目標設定の仕方で良いの?」

と自問自答してみました。

 

ここで気がついたのは、

それまでは、

目標に達した時のイメージがクリアではなかったのです。

 

月20万円の報酬でも、

月30万円の報酬でも、

 

預金残高だけが増えるだけで、

自分や周りは何も変わらないことに気が付きました。

 

そこで、

周りを幸せにしている自分を目標にして作業をするようにしました。

 

そうすることで、

報酬も増え続け、

それにも増して、

家族や周りとの関係性が劇的にかわりました。

 

自分の成功のイメージを持つことは、

本当に大事だと痛快しました。

第34回目 稼ぎをアップには自分の直感を信じることが大事

あなたは自分の直感を信じる方ですか?

 

稼いでいる方は、

自分の直感を信じて、

瞬時にいろんな選択をしていきます。

 

でも、

自分の直感ってなかなか意識出来ないと思いませんか?

「自分のこころの中に、2人の自分がいて、

それぞれが、反対のことを言っているようにおもえる。」

こんな感覚をお持ちの方がほとんどだと思います。

 

ここで、

自分の直感の捉え方の方法についてお話します。

 

具体的な例が良いと思いますので、

あなたが、アフィリエイトで稼ぎたい。

ついては、どんな教材を使えば良いのか?

 

こんな状況を思い浮かべてください。

 

その時に、

「A.サイトアフィリで月20万円を稼ぐ新しい手法」

「B.簡単に月20万円を稼ぐ再現性バツグンの手法」

が候補として上がったとして、

まずは、販売ページをチェックして、

あなたに適したものかをチェックし、

コスパも考慮する必要がありますが、

それでも、

どちらが良いか、決めかねている時には、

 

それぞれの教材の

販売者の写真を見比べてください。

出来れば、夜の寝る前の時間帯が良いです。

 

一瞬、

その教材を使ってみた未来が見えてきます。

そして、

販売者の顔も変わって見えてくる瞬間があります。

 

その時に、こころが、より快いと感じる方を選びましょう。

なんとなく、

嫌だなと思う方は絶対に避けるようにすればよいです。

 

というのは、

快く感じる方は、あなたが望む未来をつくってくれます。

嫌だなと思う方は、あなたに試練を与える可能性があります。

 

この訓練を常日頃からすることで、

正しい選択が出来るようになります。

 

ちょっとスピリチュアルな話で、

にわかには信じがたいとは思いますが、

 

人生に成功されている方は、

この方法で幸福を掴んでいるのです。

 

編集後記

私も、教材選びで悩んでいた時がありました。

その時に、販売者の写真をなんとなく見ていると、

札束を数えながら、ニヤニヤしている顔に一瞬変わったように思えました。

その時は、意識がフーっとしていた時なので、それが夢でなく現実に思えました。

結果、その教材を選ばなくて正解でした。

それが詐欺商材ということで購入者から訴訟されたと聞いています。

 

 

第33回目 稼いでいる人の脳の構造は「失敗することが快感なの!?」

仕事にしてもアフィリエイトでも

常に、「選択」を迫られますよね。

● キーワードを絞り込むべきかどうか?

● 自作自演の初リンクを送るべきか?

とか・・・

人生に成功されている方、
例えば身近な例で言えば、

アフィリエイトで、月100万円以上の報酬を稼いでいる方は、
「失敗すること、間違えることが快感」
になっているそうです。

ということは、

そんなマインドを持てさえすれば、

大きく稼げるのでは・・・

そうなんです。

それだけで稼いでいけるのです。

というのは、
この世の中は、

「人生でより多くの選択をした人が成功する」

仕組みになっているから。

選択と言っても、いろいろありますね。

「あなたが会社で飲み会に誘われる。」

あなたが、それに参加する、参加しないとも選択のひとつ。

参加して、親交を深めたり、社内の情報も集めたい。

でも、

今夜も遅く変えれば、嫁に叱られる、アフィリエイトの作業もしたい。

こんな時に「どちらにしようかな~」

と優柔不断になって、グズグズせずに、

直感でどちらかを選択しましょう。

直感で即決する癖を、

常日頃からつけておけばいいですよ。

その選択が裏目に出ても決して後悔しない。

それどころか、

裏目に出たことの教訓を、

しっかりと潜在意識にインプットすれば良いのです。

この失敗や間違いの潜在意識のインプットは、
貯金と同じように溜まっていって、

多くなればなるほど、

正しい選択をする精度が上がるのです。

如何ですか?

多くの失敗を経験して、

あなたの脳の中の「預金残高」を増やしたいと思いませんか?

そう思えただけでも、

成功者に一歩近づいたのかもしれませんね。

 

編集後記

先日、一緒にアフィリエイトをして情報交換している友人から

メールをもらいました。

 

もう、月7桁を稼いでいるらしく、

とてもうらやましく思っていましたが、

 

彼は、私の倍以上の失敗をしていたようです。

全く稼げない高額塾に入ったり、

 

SEO業者にリンクを依頼したところ、

サイトが全部圏外に飛んでいったり、

 

でも、めげずに失敗を重ねていったそうです。

「失敗を重ねた結果、月7桁を稼げる彼がいる」

ということが良くわかりました。

 

私も、もっともっと失敗しないと・・・

 

第32回目 「まわり道こそ近道」だということを教わりました

曹洞宗の和尚さんに

「まわり道こそ近道」

だということを教えてもらいました。

 

話を聞いていて、涙がでるほど共感しました。

今までの人生が輝いてもみえてきました。

 

今日は、そのはなしをいたします。

 

 

人生の半分以上が過ぎ去って

「大分、まわり道をしてきたな」

と思うことありませんか?

 

ところが、

実はそんなまわり道が役に立つのが
人生の面白いところでもあります。

 

最初から、一度だけのチャレンジで

近道を見つけ出すことなど出来ません。

 

というよりも、

まわり道をすることの試練に耐える事こそが、

次につながる大きな成功の糧なのです。

 

思い返してみれば、

何でも、スイスイと順調にことが運んでいる時は、

何の学習も出来ていません。

 

悩んで、試行錯誤を繰り返した事が、

今では、記憶に鮮明に残っているし、

 

そのことで、

ステップアップしたことがたくさんあります。

 

だから、あなたも、

まわり道をして悔やむ必要は全くありません。

 

逆に学習の機会を得ることが出来たので、

ラッキーと思うべきことかもしれませんね。

 

まわり道を愉しむ余裕が持てれば、

鬼に金棒だし、

選択を間違えれば、元に戻るだけ、

命まで取れれることなどありません。

 

まわり道や失敗の数だけ、

脳の中では「シナプス」が増えているわけで、

次にはより賢明な選択が出来るようになります。

 

さすがに、

毎日の苦行に耐えている仏教者のはなしは

人生の折り返しを過ぎた人間には、とてもためになりました。

 

編集後記

最近はいろんなニュースの裏側がだんだんと分かるようになりました。

石油の値段が下がっているのは、

アメリカとサウジの経済戦争だとか、

ロシアの封じ込めの為とか、

ニュースの裏側を知ることで、世界が見えてきます。

 

でも、日本のメディアは、表側しか報道しないので、

日本が世界から、

ますます取り残されていくのが心配です。

 

 

 

 

 

第31回目 アイデアがどんどん湧き出る秘訣、知っていますか?

インターネットを使って、いろんな仕事をしていく中で、

アイデアが枯渇することってありませんか?

 

「自分で思いつくアイデアの数は、決まっていて、

それ以上出てこないのでは?」

という不安に襲われることもありますよね?

 

いつまでも、

湯水のようにアイデアが湧き出てきたらいいのに・・・

 

そうなれば、

ストレスからも開放されると皆さんお考えじゃないですか?

 

アイデアをどんどん湧き上がらす方法として、

「オズボーンのチェックリスト」

というものがあります。

 

そのベースとなる考え方が、

 

「世の中にあるほとんどの新しいものは、

既存のものと既存のものの組み合わせである」

ということ。

 

あらかじめ準備した次の9つのチェックリストに答えることで、

アイデア発想する方法です。

 

1.転用
新しい使い道は?他分野へ適用はないか?

2.応用
似たものはないか?何かの真似はできないか?

3.変更
意味、色、働き、音、匂い、様式、型を変えれないか?

4.拡大
より大きく、強く、高く、長く、厚くできないか?
時間や頻度などかえれないか?

5.縮小
より小さく、軽く、弱く、短くできないか?
省略や分割できないか?何か減らすことができないか?

6.代用
人を、物を、材料を、素材を、製法を、動力を、場所を
代用できないか?

7.再利用
要素を、型を、配置を、順序を、因果を、ペースを変えたり
できないか?

8.逆転
反転、前後転、左右転、上下転、順番転、役割など転換して
みてらたどうか?

9.結合
合体したら?ブレンドしてみたら?
ユニットや目的を組み合わせたら?

 

アイデアとは現状改善や
新しい価値創出を行うための着想です。

したがって、
現状について何ら問題を
感じていない人は、
アイデアを生むための
動機がありません。

 

何事にも問題意識を持つことが大事ですね。

 

編集後記

アイデアは創造するものではなく、見つけ出すことなのです。

 

無限のアイデアが実は、頭のなかにあります。

このアイデアを見つけ出す為に、「オズボーンのチェックリスト」で頭のなかを整理したり、探すきっかけを与えるのです。

物事を「あるがままに」見ることも大事ですが、いろんな角度から見なおしてみることで、脳もやわらかくなり、アイデアが常に湯水のように出てくるようになりますよ。

 

第30回目 TSU(ツー)をやっていてイスラム圏の方と友達に

1週間前からTSU(ツー)を始めました。

TSUとは、facebookやmixiのようなSNSで

広告収入のなんと90%が還元されるビジネスモデルで注目されています。

 

もう、あなたも始められていますか?

 

私も、まずは、友達を増やそうと1日、500人に申請を出しているのだけど、

そこで、気づくことは、「イスラム圏」の方が割と多いということ。

 

そう言えば、「アラブの春」と呼ばれる北アフリカ諸国の民主化も

facebookを使って賛同者を集めたことも記憶に新しいですね。

 

日本に住んでいて、アラブ圏の方はあまり見かけないし、

「イスラム国」「パリの襲撃事件」なども、別世界の出来事のように思うけど、

TSUとかFacebookで簡単につながってしまうのですね?

 

パリの襲撃事件も、イスラムの神の「アラー」を冒涜したから、

第29回目 【継続的な報酬獲得の道】成功への代償は先に払っておきましょう

「アフィリエイトの報酬が継続的に増えていく」

誰もがアフィリエイトを始めた時に思い浮かぶ成功のイメージですね。

 

アフィリエイトで成功するためには、

最初から代償を払っておきましょう。

 

何も、お金を払うということではありません。

 

代償を払うとは、

試行錯誤しながら、多くの失敗をすることです。

 

 

アフィリエイトで報酬獲得するのは、

難しいことではありません。

 

作業量に比例して報酬は増えていきます。

 

ただ、

サイトアフィリエイトは、

大当たりのサイトが出てくるまでは、

自転車操業のようなものです。

 

サイトの量産をやめると、

ボディブローのように報酬が落ちていき、

いつかは報酬が0になっていきます。

 

そのようにならないために、

サイトを作り続けなくてはなりません。

 

大当たりのサイトが

明日、出てくるかもしれないし、

1年後かもわかりません。

 

こんな精神状態でサイトを作り続けるのは、

割に合いませんよね?

 

だから、

試行錯誤しながら、多くの失敗を しましょう。

 

どういうことかというと、

うまくいったことは、あまり記憶に残りません。

でも、

失敗したことは、頭にこびりついています。

 

これが、潜在意識にインプットされ、

自然に失敗を繰り返さない無意識がうまれます。

 

この無意識が蓄積されると、

失敗しない振る舞いが出来るのです。

 

例えば、サイトアフィリでは、

  • サイトが上位表示される
  • コンテンツのクオリティがあがる

ということが、知らず知らずに出来てしまうのです。

 

そうなると、

当たりサイトをつくれる確率が格段にあがり、

初心者の時に夢に見ていた

「継続的な報酬」が現実になっていきます。

 

編集後記

私も、サイトアフィリをやっていて、

いつ大当たりが来るか、

「待っても、待っても、中々あらわれませんでした」

 

大当たりではないけど、

中あたり「1サイトで月10万円程の報酬」のサイトに巡りあうのに、

1年半かかりました。

 

その後、そのサイトはすぐに圏外に飛んでいきましたが・・・

 

その圏外に飛んだサイトでいろんな実験をしました。

 

ほとんどがブラックSEO的な事でしたが、

それで2度と復活することはありません。

 

その後、無意識につくったサイトでは、

当たりの確率が高くなったように思います。

 

 

 

第28回目 稼げないヒトの一番悪いくせは、「過去を引きずること」

稼げないヒトの多くは、過去を引きずって、

「あの時、あ~すれば良かったのに」

「あの失敗さえなければ」

自己嫌悪の意識一杯です。

 

一方、成功しているヒトのパターンは、

過去に失敗したとしても、

その失敗を必然と捉えているのです。

つまり、その失敗は決して無駄ではなく、

次の成功に導くための、重要な過程と捉えています。

 

そのことこそ、成功している要因なのです。

 

アメリカの心理学者 コリン・ターナーの言葉です。

「あなたという存在は、

自分がこれまで行ってきた選択の集大成である。

よって

新しい選択をすることにより、

あなたがこれから何になるかも、

何にするかも思いのままである。」

 

過去に失敗を起こしたとしても、

その結果、今のあたながあるわけです。

 

失敗の原因を他人や環境のせいにしたい気持ちはわかりますが、

あなたが選択した結果が今、

あなたを取り囲んでいる環境なのです。

 

どういうことかと言うと、

あなたの未来の環境は、

これからあなたが行う選択によって、

いくらでも変えられるということです。

 

過去の失敗を悔やんでいても、環境のせいにしても、

そこから生まれるものは何もありません。

 

逆に、

正しい選択を阻害するものが生まれてくるかも知れません。

 

だから、

過去を引きづらないで、

今できるベストな事を行うことこそが、

成功の近道なのです。

 

編集後記

私は、データを分析するのが好きで、

自分がつくったサイトのアクセスやコンバージョンの分析を行って、

サイトの修正に生かしています。

でも、これをやればキリがないのです。

気がつけば日が暮れていたことは何回もあります。

 

本来やるべき作業、

「つまり有益なコンテンツをつくること」

をないがしろにすれば本末転倒ですよね。

 

データ分析は、あくまでも、補助業務の域内で活用することを心がけています。

 

 

第27回目【新発見】器の大きさは夢の大きさに比例します

器の大きなヒトや器の小さなヒトがいますよね?

人間の「器の大きさ」って、

どうして決まるのかご存知でしたか?
生まれつき、「器の大きさ」って決まっているらしくて、
「器の大きなヒトだけが、

偉業を成し遂げることができる。」
と思っていませんでしたか?

私も、どっしりと構えて、

何がおこっても冷静でいられるほど、

器が大きくないほうです。

器の大きさは、生まれつきの先天的なものではなく、

そのヒトが描く夢の大きさによって決まるということが、

最近の研究でわかってきました。

つまり、
誰でも、大きな夢を持っている限り、

偉人になれるってことです。

そう言えば、
今の政治家は小粒なひとだらけで、

幕末には、

どうしてあんなに器のでっかい志士がいたのでしょうかね?

それは、やっぱり幕末の時代背景が影響しているからです。

西洋列強に植民地化されかねない、
なんとか日本という国を守り、

西洋と肩を並べるぐらいの国にしようという、

大きな夢を、幕末の志士達がもっていたからでしょう。

偉人になるかならないかは別にして、

大きな夢を描くようにしましょう。

アフィリエイトで置き換えれば、

「月に50万円稼ぐ」という夢を描くのではなく、

稼ぎが増えることで、どんな生活がしたいのか?
そして、

周りの人とのどんな風につながっていたいのか?
こんなことを考えながら夢を描くといいと思います。

大きな夢を描くことで、自然と器が大きくなり、

同時に許容範囲も広くなります。
やれ、検索順位が落ちたとか

報酬が止まった、どうしよう

とかで右往左往することはなくなるはずですよ。

 

 

編集後記

初詣で神社の神様に

「今年は、報酬がコンスタントに安定しますように」

とお願いしました。

 

これを、嫁に伝えると、

「ちっちゃい人間!

お金が欲しければ、

宝くじが当たりますようにとお願いすればいいのに・・」

と言われてしまいました。

 

嫁も、

たまにはいい事言うなと関心してしまいました。

 

 

 

 

第26回目 50過ぎたらおまけの人生を生きましょう

タイトルを見て、

50歳で年寄り扱いするな!

とお叱りを受けそうですが、

 

このタイトルにはワケがあります。

 

人間は、子供の時と大人になってからとは、

時間の感覚が違いますよね!?

 

それは、

 

子供の時は、

心臓の鼓動や呼吸も早いし、

血の循環だって早いですが、

 

大人になると、

心臓もゆっくり打っているし、

呼吸もゆっくりだし、

 

子供と大人では、

エネルギー消費量が3倍以上違うわけですよ。

 

動物は、一生の間に心臓の鼓動が15億回打つと

みんな死とも言われています。

 

昔は人生50年と言われていたわけだし、

50歳をすぎれば、「おまけの人生」です!

 

子作りも終わっているし、

遺伝子を残すという仕事はもう必要ありません。

 

時間はもっとゆっくり流れるだろうし、

 

これは違う生を生きているんだ。

今までなかった部分を生きているんだ。

そこは時間も違うんだ。

 

と思って過ごせばいいですよ。

 

今までとは全く違った生き方をすればいいんじゃないか。

と思います。

 

 

おまけの人生の中で、

「私達はどう生きたらいいだろうか?」

っていうことを、

 

人間として、

人間の尊厳の部分を、

 

おまけの人生の中で、

ちゃんと考えるべきだろうと思います。

 

おまけの人生になって初めて、

人間らしい生活が送れるのです。

 

編集後記

明石家さんまの娘の名前が「いまる」って言うのはご存知ですね?

父親であるさんまの座右の銘「きてるだけでまるもうけ(生きてるだけで丸儲け)」からと、一方大竹は「いまをいき(今を生きる)」から命名したと述べています。

「生きているだけで丸儲け」

ってとてもポジティブな表現だと思いませんか?

 

自分が何故、この世に存在するのかって悩む方が多いですが、

生きている(周りに生かされている)ことが、奇跡に近い。

 

そんな自分がいると思うだけで、

世の中がぱっと明るくなりませんか?

 

だから、

おまけの人生では誰の気兼ねもすることなく、

存分に生きていきましょうね!