コピーライティングで簡単に稼げちゃいます!

「文章が苦手!」

「こころをゆる動かす文章など無理!」

「親しみを込めて文章を書けば、いつのまにかオネエ言葉に!」

 

『良い文章など、一朝一夕で書けるものではない。』

そう、思っていませんか?

 

でも、

コピーライティングで3つのポイントを押させることで

誰でも、

感動を呼ぶような、読みたくてしようがない文章が書けるのですよ。

 

詳しくは、こちらの無料レポートから
詳細はコチラ ⇒ http://mailzou.com/get.php?R=81349&M=32645

 

訪れた方に対して、興味を持ってもらう。

それが、セールスコピーライティングという技術です。

 

ウェブのセールスコピーライティングはまさに

「錬金術」 と言えます。

 

セールスコピーライティングの技術を身につければ 、

アフィリエイトのみならず、

企業からの広告作成(コピー作成)の オファーもくるようになり、

現在の需要と供給バランスにより、

驚くほど高額な報酬が得られます。

 

アフィリアイトのための、

胡散臭い集客のツールを疑心暗鬼で購入して 試すより、

間違いのない方向へ、

セールスコピーライティングの技術習得に

本気で取り組んでみませんか?

 

コピーライティングの押させるべきポイントは

≪ポイント1≫ いかにも「宣伝しています」はNG!

 

読者は、広告ではなく、情報を求めてアクセスします。

ウェブセールスコピーでは、

人が知りたくなるような情報を 提供しなければいけません。

そこで、顧客を引き付けておいてから

さりげなくあなたの紹介する商品の宣伝へ誘導するのです。

 

≪ポイント2≫ 読者を引きとめる

その読者が要求していた 記事なのかどうか、

人の心を動かすような そんなコピーになっているかということです。

 

形式ばった文章ではなく、

できるだけ会話に 近い形で書きましょう。

フレンドリーで、親しみやすい調子にします。

それと、

証言広告(商品・サービスの利用者や専門家などの 第三者に、その商品・サービスのいいところを説明してもらって 信頼性を高める広告のこと)は、

効果的なところに置きましょう。

 

 

≪ポイント3≫ 感情で売れ!

ひとは、買い物をする場合、

感情でものを買ってから、

あとから その買い物を論理で正当化します。

 

購入の決断を説得しやすい人間の感情は主に、

怒り、恐怖、欲求、救いを 求めるなどがあります。 こういった感情を引き起こさせるコピーにしなければいけません。

 

この商品を買うと苦痛から逃れられる、

このサービスを受けることで この先の不安が解消されるなど、

感情を動かすコピーを書きましょう。

 

この3つのポイントを意識するだけで、

あなたのサイトへの

読者のアクセスが多くなり、

滞在時間が長くなり、

サイトの中を巡回して

最後には、購入に至る可能性が格段に高まります。

 

このやり方は、サイトアフィリなどネットビジネスだけでなく

りあるのビジネスへの応用も効くので、

まず、最初に身につけたいスキルですね。

 

うちのチワワ(メス 3歳 名前 ミリ)は、

散歩が嫌いなはずなのに、散歩の時間が遅れると、催促してきます。

 

そして、いざ、連れて行こうとすると、

ソファーの下に隠れて捕まえさせてくれません。

 

散歩の好き嫌いというよりも、

毎日のスケジュールを

時間通りに知らせてくれるだけなのかも知れません。