パワーブログの検証

121

ワードプレスで、

入口、通路、出口戦略を使いながら

ブログを作成されているかと思います。

 

ここで、一度検証してみましょう。

 

パワーブログをつくりだして、最初はアクセスがあったのに、

作成後、2ヶ月目ぐらいからは、
アクセスがパタッと止まったような方もおられるかと思います。

 

  • 検索エンジンからの評価が低いから
  • 外れドメインのせい
  • エイジングフィルターに引っかかった

原因をいろいろ詮索もされているでしょう。

 

私も、この時期は、とても神経質になっていました。

でも、これだけは断言出来ます。

 

  • オリジナルコンテンツをこころがける
  • キーワードをつめ込まない(適度に分散させておく)
  • 読者にとって有益な情報を提供している

 

この3つのことを、しっかりとやっていれば、

アクセスは必ず戻ってきます。

 

私の経験上、4ヶ月以上戻らなかったことはありません。

 

アクセスが無ければ、モチベーションを保つのが難しいかも知れませんが、

日頃のコンテンツ制作の努力は必ず報われます。

 

したがって、

必死でブログをつくるのではなく、

楽しみながら余裕をもって作るようにしましょう。

 

そのほうが、読者に伝わりやすいですよ。

 

次回は「グーグルのアップデート」について解説します。

 

パワーブログのカテゴリー分け

01201

パワーブログは、

100記事以上を目標にして作っていくので

カテゴリー分けが重要になってきます。

 

読者が見やすいカテゴリー分けをすると、
ブログの中の回遊時間を長くすることも出来ます。

 

ただ、
あまりにも細かく分けすぎると、

目的のサイトに到達するまでに、

何クリックが必要になるので、

階層分けは多くても3階層にとどめておきましょう。

 

カテゴリー分けは、
SEO効果を高めるだけでなく、

 

毎日の記事投稿の際に頭を整理して、

 

  • どんな記事が必要?
  • どんな記事が欠けているのか?

を理解しやすくなります。

 

最初のブログの設計の際にカテゴリーをつくっていければベストなのですが、

途中でカテゴリーを追加しても問題ありません。

 

ワードプレスでは、

クイック編集でカテゴリーを簡単に追加できるし、

 

投稿一覧を表示して、

過去の記事にもカテゴリーを適用するのにも、

クイック編集はとても便利です。

 

次回は、「パワーブログの検証」を解説します。

 

 

パワーブログの入口、通路、出口戦略のまとめ

01191

パワーブログの入口、通路、出口戦略を解説してきました。

  • 入口でアクセスを集め、
  • 通路で読者との関係性を築き。
  • 出口で満足してアフィリエイトタグを踏んでもらう

 

これらを、単独で行う方法もありますが、効率はよくありません。

例えば、

入口戦略の特化し過ぎて

アクセスばかりを集めて、ジャジャや漏れ状態のサイトで報酬があがらない。

通路戦略に特化し過ぎて

コンテンツは良いけど、肝心の読者がいない

出口戦略に特化し過ぎて

訪問した読者に対する販売スキルに卓越したサイトであっても、肝心の読者との関係性が不十分なので購入に至らない

如何に3つの戦略を組み合わせることが大事かをご理解頂けたかと思います。

 

次回は「パワーブログのカテゴリー分け」について解説します。

 

 

パワーブログの出口戦略

最後はパワーブログの出口戦略です。

出口戦略とは、
読者に正しい出口から出て行ってもらう戦略です。

つまり、

アフィリエイトタグをしっかりと踏んでもらうことが大事ですね。

 

出口コンテンツは、
商品・サービスをレビューする記事で構成します。

 

通路戦略のコンテンツで、
既に読者との信頼関係が少しは、築けているので、

後は、

読者が該当商品やサービスを購入しない理由を、
一つづつ、消していくのが重要です。

 

「○○商品、レビュー」「○○商品、検証」などでコンテンツをつくっていきます。

 

アフィリエイトタグは、
わかりやすい場所にさりげなく位置づけするのが良いです。

 

アフィリエイトバナーよりもテキストのタグの方が
自然に誘導することが出来ます。

サイトを訪問した読者に

「なんだ~、結局売り込みが目的なんでしょ?」

と思われないように、

「もし、よろしければ、こんな商品があります。よかったら・・」

と認識されるような表現がベストですね。

 

次回は、「パワーブログの入口、通路、出口戦略のまとめ

について解説します。

パワーブログの通路戦略

1lampedu-14

パワーブログの3つの戦略

  • アクセスを呼び込むための記事(入口記事)
  • ユーザーを導くための情報記事(通路記事)
  • 商品・サービスのレビュー記事(出口記事)

この中でも、一番時間をかけて構築していくべきなのが通路記事です。

入口と出口を繋ぐのが、通路記事です。

 

サイト滞在時間を増やすためにも、
通路記事のコンテンツが、
読者にとって、どれだけ役に立つ・価値のあるコンテンツか
が非常に重要になってきます。

 

ここで、満足してもらって出口に誘導してくのが目的です。

ここを疎かにすると、せっかく入口で集めたアクセスが出口まで到達しません。

 

ブログのファンになってもらう(ブックマークしてもらう)には、コンテンツ(記事)に魅力があり、オリジナリティがあり、役に立つ情報がたくさんアップされていてい、なおかつ定期的に新しい情報が更新されていることが重要になります。

商品を求める読者(ターゲット)が、必要としている情報であることが絶対条件です。

通路記事の使命は、2つ

  • 役立つ、価値のある情報を定期的に提供することで、ブログのファンになってもらいリピーターを増やすこと
  • 情報を提供することで読者(ターゲット)に正しい選択をしてもらうこと

したがって、

他では得られないような
オリジナルな価値を持ったコンテンツを中心に記事を作成します。

 

次回は「パワーブログの出口戦略」について解説します。

パワーブログの入口戦略

shika-1

パワーブログをつくる時の必勝法として、

入口・通路・出口戦略をお話しましたが、

 

  • アクセスを呼び込むための記事(入口記事)
  • ユーザーを導くための情報記事(通路記事)
  • 商品・サービスのレビュー記事(出口記事)

入口戦略について解説します。

入口戦略で大事なのは、アクセスを呼びこむことです。

ブログテーマに沿った、旬の情報に関するニュースを集め投稿していきましょう。

トレンド記事、旬な記事はタイミングが良ければ上位表示される可能性が高く、ターゲットのニーズとマッチすれば、そのコンテンツで爆発的なアクセスを得ることも可能です。

 

ただ、その記事の賞味期限が短いので、常に情勢をウオッチして、新たなトレンディな記事を投稿しましょう。記事を書きます。

 

記事のコンテンツ次第で一定数がリピーターになってくれるというメリットもあります。

ファンを増やすために、記事更新の頻度、ターゲットのニーズを理解することが、必要ですが、パワーブログの入口になるわけですから、あまり絞り込まずに、多くの読者を得ることを考えていきましょう。

この入口戦略は、外的SEOをしなくても、アクセスを集めることができる方法です。

次回は「パワーブログの通路戦略」について解説します。

パワーブログの入り口、通路、出口戦略

01151

パワーブログの構成がしっかりと出来れば、
あとは記事を入れていくだけですが、

その際に、

再度、ユーザーの視点で記事を書いていきましょう。

 

といっても、常に読者になりきって記事を書いているつもり、

また、同じことを言われても・・・

と戸惑う方が多いと思いますので、

パワーブログ必勝法についておはなしします。

それは、

パワーブログの入り口、通路、出口戦略です。

 

  • 1つめは、アクセスを呼び込むための入り口記事
  • 2つめは、ユーザーが欲しいと思っている情報の通路記事
  • 3つめは、商品・サービスのレビューの出口記事

 

入口 → 通路 → 出口 という流れをブログの中につくります。

  • 入口とは、アクセスを呼び込むための記事で
  • 通路とは、ユーザーを満足させて離脱させない記事
  • そして出口は、レビュー記事内のアフィリエイトリンクです。

 

この流れを意識してブログ全体のコンテンツを構成していくと、
迷わずに記事を書いていけると思います。

記事のバランスも大切です。

ブログ全体の記事数のバランスですが、

  • 入口記事:20%
  • 通路記事:60%
  • 出口記事:20%

を心がけるようにしましょう。

このバランスはとても大事で、

このバランスが崩れると

  • アクセスが減る
  • 読者の満足度が下がり、離脱
  • アフィリタグを踏まない

ことになってしまうので、注意が必要です。

入口→通路→出口という流れを意識すると、
全体の構成をイメージしやすいと思います。

 

次回は「パワーブログの入口戦略」を解説します。

 

パワーブログの構成について

01141

パワーブログが、商標系のサイトと違うところは

 

商標系なら、1ページ完結のペラサイトでもOKですが、

パワーブログは、悩み系などのテーマをキーワードにします。

 

悩み系キーワードは、競合が多いために、
ブログのクオリティも高くキープする必要があります。

その為に

  • ワードプレスでブログを作成
  • キーワード選びには、リサーチを徹底的に
  • 記事の数を少なくても50記事、100記事以上を目指す
  • コンテンツは出来るだけオリジナル、読者目線で

 

ということが大切です。

ブログタイトルが決まれば、

ブログの構成について考えていきます。

 

悩み系なら、

  • 悩みの種類
  • レビュー
  • 悩み解決の商品
  • 最新のトピックス

 

の大枠の仮想のカテゴリーを決めて、

その中に実際のカテゴリーを作っていきましょう。

カテゴリーは、2層止まりにしましょう。

 

そこで重要なのは、

誰に発信していくのかをしっかりとイメージ付けすることです。

 

具体的なペルソナに落としこんでカテゴリー設定をしてみましょう。

購入者だけにフォーカスするのではなく、

  • 情報だけを取得したい方
  • 購入してその購入に満足したい方
  • ネタとして情報を取得、他製品との比較をしたい方

 

などの方にも親切なブログにしていくことで、

即、購入(報酬)にはつながらなくても、ブログの信頼度が高まります。

 

それが出来れば、個別の記事を投稿していきます。

 

次回は、「パワーブログの入り口、通路、出口戦略

について解説していきます。

パワーブログを構築する前に

102610

パワーブログを構築する前に次の3つの点を明確にしましょう。

 

  • ブログのテーマを明確にすること

  • ターゲットを明確にすること

  • ブログの読者のメリットを明確にすること

 

テーマ(分野)を特定して
一貫してそのテーマに従ってブログをつくっていきましょう。

 

ターゲットは、いわゆるペルソナ、出来るだけ絞り込んで、設定したペルソナになりきったつもりで、悩みを解決していくつもりで記事をかいていきましょう。

記事を書くにあたって、ターゲットの問題解決になる内容にするよう心がけましょう。

 

ブログ運営者のプロフィールを公開しましょう。

プロフィールを公開するメリットは

  • ブログコンテンツの信憑性が高くなり、リピーター獲得率が高くなる
  • プロフィールに連絡先やソーシャルメディアのアカウント情報を載せておくことで、ユーザーとコネクションを持つことができる

プロフィールに設定すべき項目は

  • 自分の写真又はアイコン
  • 自分の名前又はニックネーム
  • 簡単な経歴
  • 利用しているfacebook,twitter,instagram,tsu等のSNSのリンク

次回は、「パワーブログの構成」について解説します

ブログのトップページ

0112-1

ブログは、サイトと違って、

時系列に新しい記事がトップに表示されます。

 

日記のようなブログでは、新しい記事を見てもらうのに好都合ですが、

有益な情報を提供していく、パワーブログ(サイト)では、
必ず、トップページに表示しておきたい記事がありますよね?

 

ワードプレスでパワーブログを作る場合は、次の2つの方法で、
トップページを固定させることが出来ます。

(方法1)固定ページをつくる。

名前の通り、固定ページにトップに表示させたい記事を作成。

ただ、この場合は、固定ページから、通常の投稿ページに自動的に飛ばすことが難しいので、サイドバーのメニューから、読者が選んで、投稿ページを見ることになります。

1112

(方法2)ウイジェットでテキストを挿入してトップページに固定化
  1. ウイジェット画面から、サイドバーの「トップメインカラム上 1ページ目のみ」を表示
  2. 利用できるウイジェットの中から「テキスト」を選び、右側の「トップメインカラム上 1ページ目のみ」の下にドラッグする。
  3. 「テキスト」の中に、トップページに表示させる記事内容を記載する。

この方法では、トップページを任意の内容にすることが出来て、尚且つ、時系列で新しい記事がその下に表示されます。

 

次回は、「パワーブログを構築する前に」について解説します。