第30回目 TSU(ツー)をやっていてイスラム圏の方と友達に

1週間前からTSU(ツー)を始めました。

TSUとは、facebookやmixiのようなSNSで

広告収入のなんと90%が還元されるビジネスモデルで注目されています。

 

もう、あなたも始められていますか?

 

私も、まずは、友達を増やそうと1日、500人に申請を出しているのだけど、

そこで、気づくことは、「イスラム圏」の方が割と多いということ。

 

そう言えば、「アラブの春」と呼ばれる北アフリカ諸国の民主化も

facebookを使って賛同者を集めたことも記憶に新しいですね。

 

日本に住んでいて、アラブ圏の方はあまり見かけないし、

「イスラム国」「パリの襲撃事件」なども、別世界の出来事のように思うけど、

TSUとかFacebookで簡単につながってしまうのですね?

 

パリの襲撃事件も、イスラムの神の「アラー」を冒涜したから、

第29回目 【継続的な報酬獲得の道】成功への代償は先に払っておきましょう

「アフィリエイトの報酬が継続的に増えていく」

誰もがアフィリエイトを始めた時に思い浮かぶ成功のイメージですね。

 

アフィリエイトで成功するためには、

最初から代償を払っておきましょう。

 

何も、お金を払うということではありません。

 

代償を払うとは、

試行錯誤しながら、多くの失敗をすることです。

 

 

アフィリエイトで報酬獲得するのは、

難しいことではありません。

 

作業量に比例して報酬は増えていきます。

 

ただ、

サイトアフィリエイトは、

大当たりのサイトが出てくるまでは、

自転車操業のようなものです。

 

サイトの量産をやめると、

ボディブローのように報酬が落ちていき、

いつかは報酬が0になっていきます。

 

そのようにならないために、

サイトを作り続けなくてはなりません。

 

大当たりのサイトが

明日、出てくるかもしれないし、

1年後かもわかりません。

 

こんな精神状態でサイトを作り続けるのは、

割に合いませんよね?

 

だから、

試行錯誤しながら、多くの失敗を しましょう。

 

どういうことかというと、

うまくいったことは、あまり記憶に残りません。

でも、

失敗したことは、頭にこびりついています。

 

これが、潜在意識にインプットされ、

自然に失敗を繰り返さない無意識がうまれます。

 

この無意識が蓄積されると、

失敗しない振る舞いが出来るのです。

 

例えば、サイトアフィリでは、

  • サイトが上位表示される
  • コンテンツのクオリティがあがる

ということが、知らず知らずに出来てしまうのです。

 

そうなると、

当たりサイトをつくれる確率が格段にあがり、

初心者の時に夢に見ていた

「継続的な報酬」が現実になっていきます。

 

編集後記

私も、サイトアフィリをやっていて、

いつ大当たりが来るか、

「待っても、待っても、中々あらわれませんでした」

 

大当たりではないけど、

中あたり「1サイトで月10万円程の報酬」のサイトに巡りあうのに、

1年半かかりました。

 

その後、そのサイトはすぐに圏外に飛んでいきましたが・・・

 

その圏外に飛んだサイトでいろんな実験をしました。

 

ほとんどがブラックSEO的な事でしたが、

それで2度と復活することはありません。

 

その後、無意識につくったサイトでは、

当たりの確率が高くなったように思います。

 

 

 

第28回目 稼げないヒトの一番悪いくせは、「過去を引きずること」

稼げないヒトの多くは、過去を引きずって、

「あの時、あ~すれば良かったのに」

「あの失敗さえなければ」

自己嫌悪の意識一杯です。

 

一方、成功しているヒトのパターンは、

過去に失敗したとしても、

その失敗を必然と捉えているのです。

つまり、その失敗は決して無駄ではなく、

次の成功に導くための、重要な過程と捉えています。

 

そのことこそ、成功している要因なのです。

 

アメリカの心理学者 コリン・ターナーの言葉です。

「あなたという存在は、

自分がこれまで行ってきた選択の集大成である。

よって

新しい選択をすることにより、

あなたがこれから何になるかも、

何にするかも思いのままである。」

 

過去に失敗を起こしたとしても、

その結果、今のあたながあるわけです。

 

失敗の原因を他人や環境のせいにしたい気持ちはわかりますが、

あなたが選択した結果が今、

あなたを取り囲んでいる環境なのです。

 

どういうことかと言うと、

あなたの未来の環境は、

これからあなたが行う選択によって、

いくらでも変えられるということです。

 

過去の失敗を悔やんでいても、環境のせいにしても、

そこから生まれるものは何もありません。

 

逆に、

正しい選択を阻害するものが生まれてくるかも知れません。

 

だから、

過去を引きづらないで、

今できるベストな事を行うことこそが、

成功の近道なのです。

 

編集後記

私は、データを分析するのが好きで、

自分がつくったサイトのアクセスやコンバージョンの分析を行って、

サイトの修正に生かしています。

でも、これをやればキリがないのです。

気がつけば日が暮れていたことは何回もあります。

 

本来やるべき作業、

「つまり有益なコンテンツをつくること」

をないがしろにすれば本末転倒ですよね。

 

データ分析は、あくまでも、補助業務の域内で活用することを心がけています。

 

 

第27回目【新発見】器の大きさは夢の大きさに比例します

器の大きなヒトや器の小さなヒトがいますよね?

人間の「器の大きさ」って、

どうして決まるのかご存知でしたか?
生まれつき、「器の大きさ」って決まっているらしくて、
「器の大きなヒトだけが、

偉業を成し遂げることができる。」
と思っていませんでしたか?

私も、どっしりと構えて、

何がおこっても冷静でいられるほど、

器が大きくないほうです。

器の大きさは、生まれつきの先天的なものではなく、

そのヒトが描く夢の大きさによって決まるということが、

最近の研究でわかってきました。

つまり、
誰でも、大きな夢を持っている限り、

偉人になれるってことです。

そう言えば、
今の政治家は小粒なひとだらけで、

幕末には、

どうしてあんなに器のでっかい志士がいたのでしょうかね?

それは、やっぱり幕末の時代背景が影響しているからです。

西洋列強に植民地化されかねない、
なんとか日本という国を守り、

西洋と肩を並べるぐらいの国にしようという、

大きな夢を、幕末の志士達がもっていたからでしょう。

偉人になるかならないかは別にして、

大きな夢を描くようにしましょう。

アフィリエイトで置き換えれば、

「月に50万円稼ぐ」という夢を描くのではなく、

稼ぎが増えることで、どんな生活がしたいのか?
そして、

周りの人とのどんな風につながっていたいのか?
こんなことを考えながら夢を描くといいと思います。

大きな夢を描くことで、自然と器が大きくなり、

同時に許容範囲も広くなります。
やれ、検索順位が落ちたとか

報酬が止まった、どうしよう

とかで右往左往することはなくなるはずですよ。

 

 

編集後記

初詣で神社の神様に

「今年は、報酬がコンスタントに安定しますように」

とお願いしました。

 

これを、嫁に伝えると、

「ちっちゃい人間!

お金が欲しければ、

宝くじが当たりますようにとお願いすればいいのに・・」

と言われてしまいました。

 

嫁も、

たまにはいい事言うなと関心してしまいました。

 

 

 

 

第26回目 50過ぎたらおまけの人生を生きましょう

タイトルを見て、

50歳で年寄り扱いするな!

とお叱りを受けそうですが、

 

このタイトルにはワケがあります。

 

人間は、子供の時と大人になってからとは、

時間の感覚が違いますよね!?

 

それは、

 

子供の時は、

心臓の鼓動や呼吸も早いし、

血の循環だって早いですが、

 

大人になると、

心臓もゆっくり打っているし、

呼吸もゆっくりだし、

 

子供と大人では、

エネルギー消費量が3倍以上違うわけですよ。

 

動物は、一生の間に心臓の鼓動が15億回打つと

みんな死とも言われています。

 

昔は人生50年と言われていたわけだし、

50歳をすぎれば、「おまけの人生」です!

 

子作りも終わっているし、

遺伝子を残すという仕事はもう必要ありません。

 

時間はもっとゆっくり流れるだろうし、

 

これは違う生を生きているんだ。

今までなかった部分を生きているんだ。

そこは時間も違うんだ。

 

と思って過ごせばいいですよ。

 

今までとは全く違った生き方をすればいいんじゃないか。

と思います。

 

 

おまけの人生の中で、

「私達はどう生きたらいいだろうか?」

っていうことを、

 

人間として、

人間の尊厳の部分を、

 

おまけの人生の中で、

ちゃんと考えるべきだろうと思います。

 

おまけの人生になって初めて、

人間らしい生活が送れるのです。

 

編集後記

明石家さんまの娘の名前が「いまる」って言うのはご存知ですね?

父親であるさんまの座右の銘「きてるだけでまるもうけ(生きてるだけで丸儲け)」からと、一方大竹は「いまをいき(今を生きる)」から命名したと述べています。

「生きているだけで丸儲け」

ってとてもポジティブな表現だと思いませんか?

 

自分が何故、この世に存在するのかって悩む方が多いですが、

生きている(周りに生かされている)ことが、奇跡に近い。

 

そんな自分がいると思うだけで、

世の中がぱっと明るくなりませんか?

 

だから、

おまけの人生では誰の気兼ねもすることなく、

存分に生きていきましょうね!

 

第25回目 年齢のせいにして諦めるのは今日からやめませんか?

最近、年のせいにして諦めることって多くないですか?

アフィリエイトの作業をしていたら、

常に新しいテクニックが要求されてきます。

  • ウエブに関すること
  • SNSに関すること
  • 画像処理に関すること

これらの、新しい技術をご自分のサイトに導入するだけで、

見違えるような立派なサイトになったりします。

 

でも、横文字だらけで、サッパリわからない。

何から手を付けていいのかさえ、わからない。

 

こんな風に思っていらっしゃいませんか?

でも「心配ご無用」

 

新しいことを学んでやろうと思うだけで、

あなたの脳が蘇っていくのですよ!

 

人間の脳の皮質には、

100億個以上の神経細胞があり、

きちんと配列されています。

 

 

世界最大のスーパーコンピューターよりも、

人間の脳の方が計算能力が断然高いことも証明されています。

 

こんな優れた仕組みを人間なら誰もが持ち合わせています。

 

それを、使うか、それとも錆びつかせてしまうかは、

心構え次第です。

 

 

確かに、加齢とともに忘れっぽくなり、

新しいことを学ぶのに億劫になる気持ちはわかります。

 

でも、

80歳の方の脳でも、

新しいことを吸収するチカラは余裕であるのです。

 

 

ヒトは、思い込みでまず、判断します。

 

例えば50歳の年齢なら、

50歳のヒトらしく行動することが刷り込まれています。

 

だから、

新しいことをやる前から、

脳が拒絶反応を起こしてしまうのです。

 

こんな思い込みをやめてみませんか?

 

どんなことでも始めるのに遅すぎることはありません。

心構えを変えるだけで、

新しいことをどんどん吸収することができますよ。

 

編集後記

私は、53歳で会社を辞めて、

ウエブサイト構築の職業訓練を受けようと申し込みました。

 

訓練生になるには、試験があって何度もトライしましたが、すべて不合格でした。

試験は、

いつも同じ問題なので、正解がわかります。

2回目以降のテスト結果は満点なのに、

いつも不合格がおかしいので、問い合わせてみたら、

 

「高年齢の方は、

ウエブサイト構築などの講義内容は理解されないと思われるので、

優先的に若い方を選びました。」

とのことでした。

 

それで、なにくそと思い、独学で勉強しました。

やる前は、少し不安でしたが、

実際にウエブを作りながら勉強すると、

つまづくことなく、

ひと通りのウエブに関する知識をつけることが出来ました。

やれば出来るのですね!?

 

第24回目 新しいことを始める時の不安はGOサインです【不安はココロの道しるべ】

新しいことを始める時、不安はGOサインです。

そのGOサインをつぶしてしまうのは

「立ち止まる自分」です。

 

「不安」は人生につきものですね?

何をするにも、

心の中から不安の感情が湧いてきます。

 

「不安を感じる」のは、人間が出来ていない証拠!

ではありません。

 

不安という感情は、

あなたを成功に導く道しるべでもあるのです。

 

どういうことかというと、

不安は「できることにしかいだけない」感情だからです。

 

スポーツの世界でも、

 

ある短距離の選手が、

自分のベストタイムが100メートル 11秒だとして、

11秒を切らないと、代表選考から外すと言われたら、

不安になりますよね?

 

でも、世界記録の9秒58を切らないと駄目と言われても、

さすがに不安にはなりません。

どちらかというと、

諦めの境地になるのではありませんか?
「平常心で挑むのなら出来そうだけど、

もし出来なかったらどうしよう。」

とドキドキして、

出来なかったことを想像して落ち込んだりしてしまいがちです。

 

でも、このように考えましょう。

 

不安は「できそうなこと」にしか起こりえない感情です。

だから新しいことをする時、

不安な感情が湧いてきたら、

「GOサイン来た~!!!」と受け取るのが正解です。

「平常心ならできる、ちょっと頑張れば軽々クリアーできる」

という事にしか、

不安な感情が沸かないことを覚えておきましょう。

 

 

そこから成功する人間と、

そのまま何も変わらない人間に分かれていきます。

 

成長して成功する人間は「不安」をチャンスと捉え、

変わらない人間は「不安」をピンチと捉えるのです。

 

あなたのココロがささやいています。

不安で立ち止まる人間には「お前はここまでの人間さ」と・・・・

編集後記

私も、心配性で、どちらかと言えば、上手く行っている時に、この状況は長く続かないのではと不安に駆られます。

ドラマ「昼顔」で高校の先生を演じていた役者の斉藤工は、あれだけの人気なのに、「2015年には消えていく運命にあるのでは・・」とtwitterに投稿してほど心配性のようです。

誰にも不安があるものですが、不安がココロの道しるべで、不安をチャンスに捉えるという考え方が出来れば、世の中もっと面白くなりそうです。

 

第23回目 あなたの夢を妨害するのはあなた自身です。

何か物事が上手くいかないときは、

どうしても自分のせいにはしたくないですよね?

他人のせいにして、一応納得するヒトが多いようです。

でも、

他人のせいにしても、根本的な解決にならないし、

自己弁護し続けて

自分自身に盲目になるのは悲しいことです。
例えば、

あなたがアフィリエイトの作業をしていて、

教材どおりにやっていても、

うまくいかない時、
なぜ、こんな教材を買ってしまったのだろうか?

と自分を責めることはありませんか?
でも、あなたが悪いわけではありません。

私も、最初はそうでした。
「インチキ商材を掴まされた。

金儲け第一主義の販売者は、

購入者の事を少しも考えてくれない。

金輪際、情報商材など買うものか?」
と思っていました。

でも、

詐欺商材かどうかは別にして、
「何かの縁でその教材に巡りあったのだから、

そこには、

自分を成長させる何かがきっとあるはずだ。
教材どおりに、とにかくやり続けてみよう。」
と思うことで、

モヤモヤが晴れてきたり、

自分の解釈の仕方が間違っていたことに

気づいたりするものです。

この世で起こるすべての事には、

起こるべき理由があります。
そのことを正面から向き合って初めて、

ヒトは成長していきます。

自分の心のなかに潜む

「ネガティブな自分」と対峙して、
打ち勝つことが出来るヒトが、

夢を掴むことができるそうです。

こう考えれば、

何事もシンプルに見えてきませんか?
人間関係やタイミングなど、

いろんなことが複雑に絡み合っているので、

責任回避することも出来ますが、

全ては自分のココロの持ち方、

つまり

ネガティブな自分に、

打ち勝ちさえすればよいのです。

 

編集後記

先日、「大使閣下の料理人」というドラマをみました。

ベトナム駐在の日本大使を西田敏行が演じていました。

今までは、大使って直属の料理人を抱えて、そんなに偉いのか?

と思っていましたが、

日本の国益の為に日夜奮闘しているのがとても理解出来ました。

そして、外交官に対して尊敬の念も湧いてきた自分に気づきました。

なんでも否定的に捉えるのではなく、良いところをみることで

「この世の中も悪くない」と思えて来ました。

 

 

 

 

 

 

第22回目 挫折すること、それは成功の踏み台。逆に挫折を恐れる人が失敗する

人生山あり谷あり、

成功もあり失敗もあります。

 

日本人は特に失敗して挫折することを

極度に怖がる民族とよく言われます。

完璧主義なんでしょうね!

 

でも、人生で失敗して挫折しない人がいないのと同様に、

挫折して立ち直れない人もいません。

 

一時的に自暴自棄になるようなことはありますが、

次に挑戦するときには、

必ず難局を切り抜けるチカラを持ち合わせています。

 

アフィリエイトに置き換えてみると、

  • 何をしても、上手くいかない、
  • アイデアが思いつかない
  • キーワードの選択を失敗した
  • 単調で無機質なコンテンツしか書けない

 

こんなスランプの時に、

一歩踏み出して見る勇気のある人は

 

  • 腐らずにサイトを作り続ける
  • もっと奥深いリサーチをする
  • 読者になりきって文章をかく

 

ちょっと違う視点を取り入れていきます。

 

でも、

成果(結果)はすぐについてくるものではありません。

 

無駄なことをしてしまった^^;

これで失敗すれば一体どうすれば良いの?

 

と思わずに、

やった行為には一切無駄がないと思うことで、

挫折感を味わうこと無く、

新しい光明が見えてくるものです。

 

逆にスランプに陥っている時に、

すべてを自分のせいにして、

 

「どうせ自分には、アフィリエイトの才能がないので、何をしても無駄」

と思って、自分の今いる状況を正当化してしまうと、

とんでもないことになります。

 

すべてが、負のオーラに包まれて、

何をするにも、自分で失敗の方に誘導してしまうものです。

 

だから、

スランプの時、

壁にぶち当たった時は、

 

心を落ち着かせて、

「次のステージに上がるための修行」

ぐらいに思って、

自分の信じることを迷わずやり続けることが大事です。

編集後記

ウインストン・チャーチルは

子供の頃は赤点だらけの落伍者でした。

 

そして数えきれない挫折を経験した結果、

大英帝国史上、稀にみる宰相になることが出来たのです。

 

ただ、彼には誰よりも負けない才能があったのです。

それは、自分を信じるチカラ

あなたも努力ではなく、心の持ち方次第で、

チャーチル以上になれるかもしれませんよ。

 

 

 

第21回目 何かを期待すれば、必ず何かを得ることが出来ます

アフィリエイトの作業をやっていて、

奇跡めいたことに巡り合うことありませんか?

 

「どうすれば自分のサイトが上位表示されるのだろう?」

「どのようなコンテンツが読者を動かすのだろう?」

 

このような疑問を自分に問いかけて、

「私には特別のチカラがある」と自分を励まし、

試行錯誤を繰り返し、何かの拍子で奇跡のように回答を見つける。

 

奇跡の大小は関係なく、

誰しもが経験されたことじゃないですか?

 

それが、一度起こると、

次にはもっと高度な要求を自分につきつけてみる。

こんな事の繰り返しで、

あなたの本来持ち合わせている

無限のチカラを引き出すことが出来るのです。

 

でも、自分のチカラに期待しなければ、

奇跡も生まれないし、何も得ることができません。

 

想像力と創造性が要求されるアフィリエイトでは、

奇跡を信じる、つまり自分のチカラを信じることで、

 

アイデアが、

より楽に湧いてくるのを感じることが出来るでしょう。

 

ちょっとしたコツを覚えることで、

単調で孤独なアフィリエイトも楽しくなってきますよ。

 

あるセミナーに誘われて参加したのですが、

ネットでも有名な某講師と

初めて話す機会がありました。

 

私よりも、年下だし、実際に話してみると、

やっぱり若さを感じてしまいます。

 

でも、月に7桁アフィリエイトで稼いでいます。

 

この方は、

アフィリエイトに巡りあうまでは、

どちらかと言えば不遇の人生を送って来られて、

 

アフィリエイトに出会った時からは、

「必ず、稼いでみる」

という言葉から

「しっかりと稼いでいる」

と現在形で自分をイメージしたことこそが、

成功の理由だと言っていました。

 

何百ページのマニュアルを読むよりも、

自分の稼いでいるイメージを持つことのほうが、

何百倍も大事だと、その時わかりました。