第40回目 煽り言葉を一切使わずに訴える極意とは?

煽り言葉はとても危険です。

 

下手に使うと、

今まで築き上げてきたものが、

一瞬にして崩れ去ってしまいます。

 

少し大袈裟に言いすぎているかもしれませんが、

 

あなたも、ネットビジネスで読者や見込み客に訴える時には、

煽り言葉にすがりたくなりませんか?

 

  • 究極の、
  • ~の極意
  • 今しかない、
  • 絶好のタイミング

魔法のような言葉で、

「言葉の魔法にまんまとかけられて簡単に購入してくれるのでは」

と思わせることばですね。

 

でも、よ~く考えてみると、

「煽りことばをつかうことって百害あって一利なし」

です。

 

もし、

この言葉通りの効能や効果がその商品やサービスになかったとしたら、

その読者を永遠に失うことになるのです。

 

その読者を獲得するのに、

あなたは涙ぐましい努力に、

時間と手間をかけてきたのではありませんか?

 

ほんの数千円のアフィリエイト収入の為に、

てしおにかけて獲得してきた読者を失うのは馬鹿げています。

 

だから、

煽り言葉を一切使わずに読者に訴える極意をお教えします。

たとえば、今まで使ってきた煽り文句を

次のような言葉に置き換えてみたらいかがでしょうか?
「究極の○○」→「97%の利用者が満足した○○」
「最高の○○」→「ギネスで認定されている○○」
「人類初の○○」→「2014年に発見された○○」

こうすると、煽らずに信憑性を持たせ、

メッセージを届けることができます。

 

要は普段、友達に使っているような言葉を用いるだけで

読者も煽り言葉と受け取らずに、親近感のあるメッセージだと

受け取ってくれるのです。

 

友達に「究極の~」ってことばはさすがに使いませんよね。

 

編集後記

私のブログは、煽り言葉の形容詞だらけでした。

 

「これでもか、これでもか」

というぐらい詰め込んでいました。

 

形容詞を多用するのは、文章力の無い証拠。

 

でも、私は文章力はなくても、

会話力はある程度あるほうなので、

会話風の文章に直すだけで、随分と書きやすくなりました。

 

形容詞を使う代わりに、

エピソード的な文章を入れることで、

おきまりの煽り文句よりも、

説得力が出てきたように思います。

 

第39回目 アフィリエイトの終焉!?まさか~

ユーチューバーが儲からなくなった。

You Tubeの広告単価が激減という

ニュースが駆け巡っていますね?

「1再生0.1円」の広告レートが、

2014年12月以降、

1再生あたり、

0.025~0.05円に落ちているのだそうです。

報酬が半分から4分の1に落ち込むわけなので、

たまったもんじゃありませんね

つい半年前までは、

動画投稿で収入を得る「ユーチューバー」

が注目されていたのも記憶に新しいかと思います。

私も「ユーチューバー」に挑戦してみました。

詳しくは編集後記で

ニュースは私も見ましたが、
youtubeというプラットフォーム自体が稼ぎにくいのではありません。

今のyoutuberたちはビジネスの観点で

動画をアップしているわけではなく、
そもそもコンテンツが小学生向けになってしまっていたので

広告をクリックしたとしてもその先の成約率が最悪でした。

広告主たちが広告媒体としての価値の低さに気づき、

広告料の単価がさがったまでです。

成約率の高い層をターゲットにした動画コンテンツがあれば、

今後単価が上がる可能性は十分にあります。

「 アフィリエイトのビジネスも終わりを迎えるのでは?」

と心配されている方も多いかと思います。

でも、アフィリエイトはyoutubeと違って大丈夫。

その理由として、
「ちゃんとターゲティングされた媒体だから」

ということが言えますね。

アフィリエイトはいわば「営業代行」のようなもので、

広告主の商品やサービスを、

あなたの媒体で紹介して報酬を得るわけです。

あなたの媒体が発信力を持っている限り、

広告主は星の数ほどあり、

アフィリエイトが終わりを迎えることなどありえません。

今までAという商品をアフィリエイトしていて、

広告が終わったのなら、

その競合商品のBに乗り換えれば良いわけです。

世間のいろんな声に惑わされること無く、

しっかりとコンテンツをつくっていけば、

あなたの媒体が確かな資産となり、

永続的に報酬を生み出してくれますよ。

アフィリエイトビジネスに終わりはありません。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

私も、

ユーチューブアフィリエイトの塾に入ってひと通り勉強しました。

「皆さん、最低でも月10万円は稼いでいますよ」

という誘い文句に騙されたのでした。

月報酬10万円を獲得するなら、

100万回の再生が必要となり、

それを達成しようものなら、

鬼のような作業をやならければならず、

3日で諦めました。

いろんなことに手を出していくのが、

わたしの悪い癖です。
まずは、一つを極めていかねば・・
だから、今、

目の前にある仕事をこなしていくことにします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第38回目 格差是正に異議あり

格差社会と叫ばれて久しいです。

10年ほど前までは、

一億総中流と言われていましたね。

今は、一握りの富める人々と、

それ以外の貧乏人でこの国はつくられているようです。

そこで、格差是正。

つまり富んでいる人から、

貧乏な人へ所得移転をする空気が出来てしまっています。

この格差是正に異議ありです。

今、成功している人たちは、

成功する術を知っているから巨万の富を蓄えているのであり、

成功にたどり着いていない人たちは、

その術を知らないから、いつまでも貧乏なのです。

成功の術とは、

「成功している自分をイメージすること」

ただ、これだけなのです。

経済的に余裕があれば、

自分の夢に向き合う時間もあるし、

ますます夢に近づいていきます。

逆に余裕がなければ、

周りに対して神経質になり、負のオーラを発散させ、

「今日、明日の事」しか考えなくなり、夢が遠ざかっていきます。

格差是正よりも、

誰もが公平にチャンスを与えられる環境をつくるのがより大事だと思います。

特に、若い人たちにチャンスを与えるべきです。

定年が60歳から65歳に変更している会社が多いですが、

サラリーマンは、あがりが52歳ぐらいです。

その時に、ラインのポストがあれば、

引き続き、会社に貢献していけますが、

ラインから離れれば、ロクな仕事も出来ず、

65歳まで穀潰しのサラリーマン人生になってしまいます。

公務員なら天下り、大企業なら子会社へ出向となります。

要はいてもいなくても同じ、

高い給料を払わなかればならないので、

社会にとっては大きなマイナスです。

サラリーマンでラインから外れれば、

スパッと会社を辞めて、若い人たちにポストをつくってあげれば、

日本の社会は、凄く活性化していきます。

また、会社を辞めた人も、

第2の人生を老いが始まらない年齢から始めることが出来るので、

社会全体にとってもプラスになると思います。

でも、そんなに早く会社を辞めれば、

生活はしていけない。ローンも残っているし・・・・

という声が聞こえてきそうですが、

会社を辞めて、自由な時間が出来て、

自分に向き合い、

願望や夢をイメージする時間が十分取れるので、

お金のことは後でついてきます。

編集後記

私は44歳の時に脱サラしました。

毎月の給料がなくても、なんとかやっていけるものです。

会社を辞めて生活水準をおもいっきり切り詰めたので、

生活力がついたとおもっています。

低い生活水準に耐えれるカラダが出来たことは、

素晴らしいことだと思っています。

第37回目 財布の紐が緩むときはいつでしょうか?

財布の紐がゆるくなる時って

いつかご存じですか?

 

いくら良いものや価値を提案しても 、

財布の紐が緩くなかったら、

即、購入にはつながりません。

 

財布の紐が緩むときは、

 

『商品を購入したり、

サービスなどを受けている途中で、

お客さんが満足をしている時』

なのです。

 

ネットマーケティングでは、

このタイミングをよく利用しています。

 

これは、

アフィリエイトする方も同じように

応用をすることができます。

 

そういったお客様の満足の状態を作れれば、

意外とお客さんは行動をしてくれます。

 

しっかりと価値を提供してお客さんが、

満足をしている時は、

提案を最も受け入れてもらいやすい時です。

 

お客さんが感謝をしてくれる気持ち

=提案の受け入れてもらいやすさ

だということを忘れないでおきましょう。

 

“鉄は熱いうちに打て”

という訳ではありませんが、

 

このタイミングをムダにしないようにしましょう。

 

ビジネス的な観点で言うと・・・

このタイミングでLTV(生涯顧客単価)が

高くなる価値を提案していくことが理想です。

 

適切なタイミングで話をすれば、

「売り込まれて嫌な思いをした」

と思われることもありません。

あなたも、このタイミングを

最大限活かすことができないかを

ぜひ考えてみて下さい。

 

 

編集後記

サイトアフィリをしていて、勘違いしやすいことは、

「狙ったキーワードに上位表示させることを至上命題にすること」

かなと思います。

 

サイトを量産すると、

そのうちのいつくかは、上位表示されます。

 

やはり、

それなりのSEO対策したものが、上位表示されやすいです。

 

 

でも、

コンテンツに魅力がないなら、

すぐに順位が落ちていって二度の復活することはありません。

 

 

読者に満足を提供していく役立つコンテンツをつくることで、

ジワジワと順位を上げ

上位で安定表示させることが出来ます。

 

近頃のグーグルは、

人間の気持ちまで解析出来るようになっているのかな?

 

 

第36回 目標達成には、心のスイッチを入れれば、あとは全自動です

突然ですが、

あなたの当面の目標は何ですか?
● 毎日の作業を楽しみながら稼いでいく。

● アフィリエイトで生計をたてる。

ということかも知れませんね。

この目標を達成するために一番重要なことは、

「自分の目標を必ず達成する」

という信念をもつことです。

つまり、

「月に100万円は稼いでいる自分がいる」

とのイメージを持つ事こそ、

目標の実現に不可欠です。

イギリスの心理学者兼宗教学者のジェームス・アレンは、

著書「原因と結果の法則」で、

次のように言っています。

「人間を目標に向かわせるパワーは、

「自分はそれを達成できる」という信念から生まれます。

疑いや恐れは、その信念にとって最大の敵です」

何か、新しいことを始めると、
こころの奥底から

「悪魔のささやき」

が聞こえてきます。

「上手くいかなかった時のために、準備しよう。」
そんなとき、

目の前のことに正面から向き合えず、言い訳を探し始めます。

アフィリエイトなら、

● 教材が悪い

● 今は、運に見放されている

● タイミングや自分の環境が悪い
上手くいかなかった時のショックを和らげて、

自分の選択を正当化してしまいます。
あなたが、

本当に目標を達成したいのなら、

こんな無駄な事は一切する必要ありません。
ただ、「自分は目標を達成できるのだ」

と信じ切り、

黙々と目標に向かって進んで行けばよいのです。
一度システムにスイッチが入ると、

脳は無意識に、目標を達成するように働いてくれます。

スイッチを入れれば、あとは【完全自動】です。

目標達成まで悩むことは何もありません。
ただがむしゃらにつき進むだけで、

目標達成まに運んでくれるもんですよ。

編集後記

「自分を信じること」って案外難しいことです。

 

まして、「今まで失敗ばかりの人生を送ってきた」

という方は、

余計、自分を信じられないのではないですか。

 

私も、自分に対してはとても懐疑的でした。

 

でも、今までを、振り返ってくると、

いつも、

裏目にでた際の保険をかけてきた人生のようでした。

 

一つのことに集中せずに、

いろんなことを平行してやっていたために

どれも中途半端、

 

やり遂げたことって、ほんの僅かでした。

 

 

でも、一つのことに集中し始めると、

嘘のように作業がはかどり、

それに伴い成果もついてくるようになりました。

 

リスク分散とかポートフォリオ戦略とか、全く関係なく、

「目の前のことに全力投球することで目標が達成していく」

という感覚を少しは感じられたかなと思っています。

 

第35回目 本当の成功はアフィリエイトで稼ぐことと思っていませんか?

「アフィリエイトの報酬だけで裕福な生活をしてみたい。」

「家族の望むものを何でも買い与えてやりたい。」

 

あなたは、こんな夢を持ちながら、

日夜、

アフィリエイトに取り組んでおられるのではないでしょうか?

 

多分、この夢は叶うでしょう。

あなたがこの夢を実現してみせると思っている限り、

 

でも、これは成功ではありませんね。

成功の為の序曲にようなものです。

 

アメリカの心理学者のコリン・ターナーは、

このように言っています。

 

「成功は目標達成の場所にあるわけではない。

目標までの過程にあるのだ。」

 

成功とは、

「どの方向に向いているか」なのです。

方向さえ正しければ、あとはアクセルを踏むだけ・・

 

アフィリエイトで十分に稼げたら、

あなたの目的は達せられます。

 

そこで終止符を打ってしまうのは、

あまりにももったいない。

 

だから、次は、

もっと大きい夢や目標を定めましょう。

 

周りの人、地域の人達に、

「あなたでしか出来ない、喜ばれることは何か?」

を自分に問いつめて、

 

「あなたの周りをハッピーにする何か」

を目標にするといいですよ。

 

そうすると、必ず世界の見え方が違います。

 

「アフィリエイトで月に100万円稼ぐことを夢、目標」

にしていたことなんて、

とてもちっちゃく感じてしまいますよ。

 

編集後記

私がアフィリエイトを始める時に最初に設定した目標は、

「月に10万円の報酬を獲得すること」

でした。

 

1年程かかりましたが、その目標は達成できました。

 

それでは、次は月20万円、30万円と、

目標金額を上乗せしてきました。

 

その度に初心を忘れてしまい、

目標金額に達しない時はひどく落ち込みました。

 

そこで、

「こんな目標設定の仕方で良いの?」

と自問自答してみました。

 

ここで気がついたのは、

それまでは、

目標に達した時のイメージがクリアではなかったのです。

 

月20万円の報酬でも、

月30万円の報酬でも、

 

預金残高だけが増えるだけで、

自分や周りは何も変わらないことに気が付きました。

 

そこで、

周りを幸せにしている自分を目標にして作業をするようにしました。

 

そうすることで、

報酬も増え続け、

それにも増して、

家族や周りとの関係性が劇的にかわりました。

 

自分の成功のイメージを持つことは、

本当に大事だと痛快しました。

第34回目 稼ぎをアップには自分の直感を信じることが大事

あなたは自分の直感を信じる方ですか?

 

稼いでいる方は、

自分の直感を信じて、

瞬時にいろんな選択をしていきます。

 

でも、

自分の直感ってなかなか意識出来ないと思いませんか?

「自分のこころの中に、2人の自分がいて、

それぞれが、反対のことを言っているようにおもえる。」

こんな感覚をお持ちの方がほとんどだと思います。

 

ここで、

自分の直感の捉え方の方法についてお話します。

 

具体的な例が良いと思いますので、

あなたが、アフィリエイトで稼ぎたい。

ついては、どんな教材を使えば良いのか?

 

こんな状況を思い浮かべてください。

 

その時に、

「A.サイトアフィリで月20万円を稼ぐ新しい手法」

「B.簡単に月20万円を稼ぐ再現性バツグンの手法」

が候補として上がったとして、

まずは、販売ページをチェックして、

あなたに適したものかをチェックし、

コスパも考慮する必要がありますが、

それでも、

どちらが良いか、決めかねている時には、

 

それぞれの教材の

販売者の写真を見比べてください。

出来れば、夜の寝る前の時間帯が良いです。

 

一瞬、

その教材を使ってみた未来が見えてきます。

そして、

販売者の顔も変わって見えてくる瞬間があります。

 

その時に、こころが、より快いと感じる方を選びましょう。

なんとなく、

嫌だなと思う方は絶対に避けるようにすればよいです。

 

というのは、

快く感じる方は、あなたが望む未来をつくってくれます。

嫌だなと思う方は、あなたに試練を与える可能性があります。

 

この訓練を常日頃からすることで、

正しい選択が出来るようになります。

 

ちょっとスピリチュアルな話で、

にわかには信じがたいとは思いますが、

 

人生に成功されている方は、

この方法で幸福を掴んでいるのです。

 

編集後記

私も、教材選びで悩んでいた時がありました。

その時に、販売者の写真をなんとなく見ていると、

札束を数えながら、ニヤニヤしている顔に一瞬変わったように思えました。

その時は、意識がフーっとしていた時なので、それが夢でなく現実に思えました。

結果、その教材を選ばなくて正解でした。

それが詐欺商材ということで購入者から訴訟されたと聞いています。

 

 

第33回目 稼いでいる人の脳の構造は「失敗することが快感なの!?」

仕事にしてもアフィリエイトでも

常に、「選択」を迫られますよね。

● キーワードを絞り込むべきかどうか?

● 自作自演の初リンクを送るべきか?

とか・・・

人生に成功されている方、
例えば身近な例で言えば、

アフィリエイトで、月100万円以上の報酬を稼いでいる方は、
「失敗すること、間違えることが快感」
になっているそうです。

ということは、

そんなマインドを持てさえすれば、

大きく稼げるのでは・・・

そうなんです。

それだけで稼いでいけるのです。

というのは、
この世の中は、

「人生でより多くの選択をした人が成功する」

仕組みになっているから。

選択と言っても、いろいろありますね。

「あなたが会社で飲み会に誘われる。」

あなたが、それに参加する、参加しないとも選択のひとつ。

参加して、親交を深めたり、社内の情報も集めたい。

でも、

今夜も遅く変えれば、嫁に叱られる、アフィリエイトの作業もしたい。

こんな時に「どちらにしようかな~」

と優柔不断になって、グズグズせずに、

直感でどちらかを選択しましょう。

直感で即決する癖を、

常日頃からつけておけばいいですよ。

その選択が裏目に出ても決して後悔しない。

それどころか、

裏目に出たことの教訓を、

しっかりと潜在意識にインプットすれば良いのです。

この失敗や間違いの潜在意識のインプットは、
貯金と同じように溜まっていって、

多くなればなるほど、

正しい選択をする精度が上がるのです。

如何ですか?

多くの失敗を経験して、

あなたの脳の中の「預金残高」を増やしたいと思いませんか?

そう思えただけでも、

成功者に一歩近づいたのかもしれませんね。

 

編集後記

先日、一緒にアフィリエイトをして情報交換している友人から

メールをもらいました。

 

もう、月7桁を稼いでいるらしく、

とてもうらやましく思っていましたが、

 

彼は、私の倍以上の失敗をしていたようです。

全く稼げない高額塾に入ったり、

 

SEO業者にリンクを依頼したところ、

サイトが全部圏外に飛んでいったり、

 

でも、めげずに失敗を重ねていったそうです。

「失敗を重ねた結果、月7桁を稼げる彼がいる」

ということが良くわかりました。

 

私も、もっともっと失敗しないと・・・

 

第32回目 「まわり道こそ近道」だということを教わりました

曹洞宗の和尚さんに

「まわり道こそ近道」

だということを教えてもらいました。

 

話を聞いていて、涙がでるほど共感しました。

今までの人生が輝いてもみえてきました。

 

今日は、そのはなしをいたします。

 

 

人生の半分以上が過ぎ去って

「大分、まわり道をしてきたな」

と思うことありませんか?

 

ところが、

実はそんなまわり道が役に立つのが
人生の面白いところでもあります。

 

最初から、一度だけのチャレンジで

近道を見つけ出すことなど出来ません。

 

というよりも、

まわり道をすることの試練に耐える事こそが、

次につながる大きな成功の糧なのです。

 

思い返してみれば、

何でも、スイスイと順調にことが運んでいる時は、

何の学習も出来ていません。

 

悩んで、試行錯誤を繰り返した事が、

今では、記憶に鮮明に残っているし、

 

そのことで、

ステップアップしたことがたくさんあります。

 

だから、あなたも、

まわり道をして悔やむ必要は全くありません。

 

逆に学習の機会を得ることが出来たので、

ラッキーと思うべきことかもしれませんね。

 

まわり道を愉しむ余裕が持てれば、

鬼に金棒だし、

選択を間違えれば、元に戻るだけ、

命まで取れれることなどありません。

 

まわり道や失敗の数だけ、

脳の中では「シナプス」が増えているわけで、

次にはより賢明な選択が出来るようになります。

 

さすがに、

毎日の苦行に耐えている仏教者のはなしは

人生の折り返しを過ぎた人間には、とてもためになりました。

 

編集後記

最近はいろんなニュースの裏側がだんだんと分かるようになりました。

石油の値段が下がっているのは、

アメリカとサウジの経済戦争だとか、

ロシアの封じ込めの為とか、

ニュースの裏側を知ることで、世界が見えてきます。

 

でも、日本のメディアは、表側しか報道しないので、

日本が世界から、

ますます取り残されていくのが心配です。

 

 

 

 

 

第31回目 アイデアがどんどん湧き出る秘訣、知っていますか?

インターネットを使って、いろんな仕事をしていく中で、

アイデアが枯渇することってありませんか?

 

「自分で思いつくアイデアの数は、決まっていて、

それ以上出てこないのでは?」

という不安に襲われることもありますよね?

 

いつまでも、

湯水のようにアイデアが湧き出てきたらいいのに・・・

 

そうなれば、

ストレスからも開放されると皆さんお考えじゃないですか?

 

アイデアをどんどん湧き上がらす方法として、

「オズボーンのチェックリスト」

というものがあります。

 

そのベースとなる考え方が、

 

「世の中にあるほとんどの新しいものは、

既存のものと既存のものの組み合わせである」

ということ。

 

あらかじめ準備した次の9つのチェックリストに答えることで、

アイデア発想する方法です。

 

1.転用
新しい使い道は?他分野へ適用はないか?

2.応用
似たものはないか?何かの真似はできないか?

3.変更
意味、色、働き、音、匂い、様式、型を変えれないか?

4.拡大
より大きく、強く、高く、長く、厚くできないか?
時間や頻度などかえれないか?

5.縮小
より小さく、軽く、弱く、短くできないか?
省略や分割できないか?何か減らすことができないか?

6.代用
人を、物を、材料を、素材を、製法を、動力を、場所を
代用できないか?

7.再利用
要素を、型を、配置を、順序を、因果を、ペースを変えたり
できないか?

8.逆転
反転、前後転、左右転、上下転、順番転、役割など転換して
みてらたどうか?

9.結合
合体したら?ブレンドしてみたら?
ユニットや目的を組み合わせたら?

 

アイデアとは現状改善や
新しい価値創出を行うための着想です。

したがって、
現状について何ら問題を
感じていない人は、
アイデアを生むための
動機がありません。

 

何事にも問題意識を持つことが大事ですね。

 

編集後記

アイデアは創造するものではなく、見つけ出すことなのです。

 

無限のアイデアが実は、頭のなかにあります。

このアイデアを見つけ出す為に、「オズボーンのチェックリスト」で頭のなかを整理したり、探すきっかけを与えるのです。

物事を「あるがままに」見ることも大事ですが、いろんな角度から見なおしてみることで、脳もやわらかくなり、アイデアが常に湯水のように出てくるようになりますよ。