サイトマップ送信について

hana

サイトマップ送信は、

検索エンジンに直接、サイトのページを伝えることになるので

強力なインデックス対策になります。

 

WordPressには、

サイトマップを作ってくれるプラグイン「Google xml sitemaps」があります。

 

「Google xml sitemaps」は、

サイトマップの自動更新もおこなってくれるので、非常に便利です。

是非、このプラグインを使っていきましょう。

 

「Googleウェブマスターツール」に、XMLサイトマップを登録しましょう。

XMLサイトマップを登録することで次のようなメリットがあります。

  • 「XMLサイトマップ」をGoogleに連携させることができます
  • 「XMLサイトマップ」が正常にGoogleに連携されているかの確認ができます
  • Webサイトの各ページが、Googleにインデックスされているかの確認ができます
  • エラーがあった場合、エラー内容を確認できます

 

「サイトマップ」の作成・登録は、

SEO対策をする上での大前提となります。

SEO対策をする上で、

検索エンジンにページが登録されていなければ、
いくら被リンクを送ろうと無駄になりますからね。

 

次回は 「ページのテーマを一致させましょう」を解説します

 

 

PING更新について

102734

サイトはページ数が多いほどSEO効果が高いのですが、

ページをしっかりと検索エンジンに認識してもらう必要があります。

検索エンジンに認識されている、つまりインデックスされることこそが重要です。

インデックスされるための方法

 

ping送信

ping送信とは、

「サイトを更新してページを加えましたので、新着記事として認識してください」

とお願いするような行為です。

 

WPなら、

「投稿設定」

の更新情報サービスに

ping送信先urlをすべて記載して変更を保存で終了です。

下記をコピペしてください。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC –
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates –
http://ping.fc2.com –
http://rpc.weblogs.com/RPC2 –
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2 –
http://ping.rss.drecom.jp/ –
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2 –
http://ping.fc2.com/ –
http://rpc.weblogs.com/rpc2 –
http://www.blogpeople.net/ping/ –
http://ping.blo.gs/ –
http://blogsearch.google.ae/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.at/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.ca/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.ve/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.ar/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.co/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.mx/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.vn/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.fr/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.sk/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.my/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.be/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.bg/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.il/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.in/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.ma/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.th/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.uk/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.za/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.au/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.br/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.do/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.pe/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.sa/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.ua/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.de/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.es/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.gr/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.hr/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.ie/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.jp/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.pl/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.ru/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.se/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.ch/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.cl/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.cr/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.hu/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.id/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.co.nz/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.sg/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.tr/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.tw/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.fi/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.it/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.lt/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.nl/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.us/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.com.uy/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.pt/ping/RPC2 –
http://blogsearch.google.ro/ping/RPC2 –

 

次回は「サイトマップ送信」について解説します。

 

キーワードをサイト全体に散りばめる

01151

キーワードの数、関連キーワードに関しての重要性はご理解頂けましたね?

 

キーワードが出現する場所も大事なのです。

キーワードを出来るだけサイト全体に散りばめましょう。

目的は検索エンジンのロボットが明確にサイトの主旨を理解させることです。

  • ヘッダー
  • サイドバー
  • メイン部分
  • フッター

大きく分けてこの4パートに満遍なくキーワードが出現しているのがベストです。

 

  • キーワードの羅列
  • キーワードを箇条書きに

 

これらは検索エンジンの評価を落としがちです。

また、見た目もしつこく感じますので、自然な日本語の中に

キーワードがはいっているような文章を心がけましょう。

 

それぞれのパートで上部、中部、下部に適度に満遍なく散りばめられていると

検索エンジンがそのキーワードの評価を上げるだけではなく、読み手もキーワードを頭にインプットしやすいので、アフィリエイトでのコンバージョンもアップする効果があります。

 

読者が読みやすく、しつこく感じないサイトが結局検索エンジンにも高く評価される。

Googleの検索アルゴリズムは、人間の心理も読み取るまでに進化してきているようです。

次回は「PING更新」について解説します。

関連キーワードの効果的な使い方

0112-1

関連キーワードは、キーワードよりも自由度が高く使うことが出来ます。

キーワードはあまり使いすぎるとスパム認定される危険性がありますが、

(8%を超えないようにしましょう。)

関連キーワードはいくら使っても問題ありません。

 

関連キーワードを頭に入れれば、新しい文章も思いつきやすいし、

狙っているキーワードで、書き忘れていたことも思い出しやすいです。

 

関連キーワードだけでも、つまりキーワードがない場合でも

一定のSEO効果も認められているほどです。

 

文章を作成する時は、

なるべく関連キーワードだけでも、内容がわかりやすいような並べ方をすることで、

検索エンジンの評価が高まりますよ。

 

次回は「キーワードをサイト全体に散りばめる」を解説します。

関連キーワードについて

102799

関連キーワードを上手く使うことでSEO効果が格段にアップします。

関連キーワードとは?

その名のとおり関連するワードのことです。

 

あるワードについて書かれているサイトに出てくるであろう全てのワードのことですが、検索エンジンが日々、巡回して見た結果、

 

例えば Aというキーワードで書かれたサイトには
Bというワードが頻繁に出てくる。

それなら、AとBは関連キーワードであろうと推測するわけです。

 

従って、Aというキーワードで検索順位を上げたいなら、
Aというキーワードはもちろん、
Bという関連キーワードを多用すれば、
順位アップの可能性は高くなります。

もちろん、関連キーワードは一つではなく、無数にありますが、多くの人のサイトで

使われているワードを用いるのが良いでしょう。

 

検索エンジンによって関連ワードを導き出す仕組みが若干異なります

 

Yahoo関連キーワードは、

「ユーザが検索したキーワードを核にした掛け合わせキーワード」
を検索数別に降順で表示しています。

Googleo関連キーワードは、

検索結果に表示される全ページの「最大公約数的なキーワード」を表示しています。
Yahooの様にユーザが検索した掛け合わせキーワードの上位順で関連キーワードを抽出するのではなく、Googleがクロールしたページにおける、対象のキーワードから導き出されたテーマキーワードというわけです。

よって、瞬間的なニーズよりも、概念を表示しているといった方がよいかもしれません。

このサイトで関連キーワードを探してみてください

http://www.related-keywords.com/

 

次回は「関連キーワードの効果的な使い方」について解説します

 

 

意外と重要な名詞の数

102760

ページの中に名詞を数多く含ませることがSEO対策に有利です。

どういうことかといえば、

 

Googleはロボットが、サイトを読み込んで、

そのサイトが

「一体、何について書かれているか」を判断します。

 

名詞が多用されていると、

多くのことが書かれている情報と判断します。

 

名詞だけではなく、「それ自体で意味をなす単語」も重要です。

 

Googleのロボットは、名詞以外を判読することがありません。

従って

名詞だけをつなげていって、

それだけで内容がある程度、わかるような文章が理想です。

 

周りくどい表現を避けて、

ストレートに文章を並べていくほうがSEO効果があります。

 

但し、その文章が読者に訴える文体かどうか、

そのバランスを取っていくのが大事ですね。

 

堅苦しくて長い文よりも、

短い文を接続詞でつなげていく口語調の文体が良いのではないかと思います。

 

名詞の数は1ページ300個以上含めるのが理想です。

 

次回は「関連キーワード」について解説します

キーワード比率

102744
キーワード比率とは

ひとつのページ内で

使われているキーワードが全単語数の何%ぐらいになっているか?

という指標です。

 

キーワード比率を最適化すると

キーワード比率を最適化することで

アクセスアップにつながりやすくなります。

 

キーワード比率はどれぐらいが理想

キーワード比率の一般的な推奨値は3~5%
(高すぎると逆効果となります)

 

キーワード比率を最適化する理由は

「読者に伝わりやすい内容」

そして、そのことを検索エンジンに認識してもらう為です。

 

キーワード比率が高すぎると逆効果

ページの文章中にキーワードが無理やり詰め込みすぎると
視覚的にも見にくいですし、

文章の整合性も低くなることが多くなります。

そうしたページはGoogleからマイナス評価を受け、
最悪ペナルティ(強制順位降下)の対象とされる場合があります。

 

 

キーワード比率は、機械的に3-5%におさめるのではなく、

キーワード比率自体は、
最後に書いた記事を読み直した際に
違和感があれば確認するくらいでよいと思います。
次回は「意外と重要な名詞の数」を解説します

サイト内画像のSEO対策

103112
サイトで使う画像にもSEO対策が有効です。

 

次の4つのポイントに配慮して
画像のSEO対策を進めていってください

 

画像の名前の付け方

画像のファイル名を、画像の内容に関連した単語を交えて、読者がファイル名を見て画像を推測できるようい名前をつけましょう。

 

 title, alt タグの有効活用

title タグには画像のタイトルを、
alt タグには人間が読んで分かるような画像の説明を記述しましょう。

面倒ですが、この癖をつけるだけで、
長い目で見れば検索順位の差が歴然となります。

 

画像の『周囲』に施す SEO 対策

画像の前後の文章に『その画像を説明するようなキーワード』を散らばしておくと効果的です。出来ればページ全体に配置しておくと良いでしょう。

 

画像ページにコメント欄を設ける

コメント欄を設ける事によって、コメントがその写真を説明してくれる役割を果たしてくれるし、キーワードが貯まっていく事でコンテンツを獲得することができます。

 

画像に対する上記4つの配慮をするだけで、十分なSEO効果を実感されると思います。

次回は 「キーワード比率」について解説します。

ストロング(strong)タグの使い方

11304

strongタグは、

検索エンジンにも読者にも

「この部分は重要なのですよ!」

ということを伝えることができます。

 

あなたは <strong> タグはどのように使っていますか?

SEO対策において、<strong> タグの使い方は大切なポイントになります。

 

<strong> タグと同じように強調タグとして<b> タグがあります。

 

どちらも同じく強調の意味で見た目が太字になりますが、
SEO の観点から見れば、違ったものとして扱われます。<strong> タグは検索エンジンにアピールしています。

一方
<b> タグは単純に見た目が太くなるだけの視覚的効果のみで、
検索エンジンには何のアピールにもなっていません。
従ってSEO 対策には <strong> タグを使っていきましょう。
キーワードには <strong> タグを、
単純に目立たせたいだけならば <b> タグを
というように上手に使い分けるのが、SEO 的に一番効果的な方法だと思います。

注意が必要なのは、

<strong> タグを記事中にあまりに多用しないこと
1ページに付き、2~3個までに留めて使うのがいいかと思います。
使いすぎるとスパム扱いされる危険性があります。
そこで、 <b> タグの出番になるわけです。
ページを作っていて、キーワード以外にも重要だと思われる箇所には
どんどん<b> タグを使えばよいのです。
どれだけ使ってもスパム扱いされる心配ありません。
まとめると
キーワードを含む語句に対してページで2~3個は<strong> タグ
その他に強調すべき語句には<b> タグを使いましょう。
次回は「サイト内画像のSEO対策」について解説します。

hタグの使い方

102730

案外見落としがちなポイントとしてhタグの有効活用

h1タグは十分意識されますが、

h2,h3タグは見落とされがちです。

 

SEO内部対策としてh1,h2,h3タグを上手くつかっていきましょう。

 

h1タグの使い方

サイトタイトルやディスクリプションに使っているキーワードは必ず
h1タグに入れるようにしましょう。

1ページに使用する頻度は1回にとどめておきます。

 

h2タグの使い方

h2タグはh1より重要性は低くなりますが、
キーワードを含めた22文字以内の文章にしましょう。

尚、h2の1ページの使用頻度は3回ぐらいとします。

 

h3タグの使い方

重要性は低くなりますが、
他と差別化する視覚的に強調する意味合いが強く、
必ずしもキーワードを含める必要はありません。

 

このように、hタグの使い方を見直すことで、
サイトの見栄えも良くなるし、
それにともなって読者の反応も上がっていきます。

同時に検索エンジンの評価も高まるので、
簡単に出来るSEO内部対策としては重要です。

 

次回は「ストロング(strong)タグの使い方」について解説します。