「男はロマン・女は不満」なんてね

「男はロマン、女は不満」

 

男と女の違いについて、

「男はロマンに生きて、女は現実に生きる」

とよく言われます。

 

太古の昔、ヒトが狩猟生活を送るときに

「男が狩りに出て、女が住処を守る」

役割を果たしていたから。

 

その新しいヴァージョンが

「男のロマンに女は不満」

 

一般的に男は、

探検とか田舎暮らしなどの冒険が好きだし、

フィギアとか模型などのコレクションも大好き。

 

一般的に女性は、

この男の気持ちが全くわからず、

わからないどころか、

いつまでも別の世界にいることに不満がタラタラ。

 

「そんな夢から目覚めて現実に戻ってよ!」

 

そして、

「次の記念日は、~に連れて行って、◯◯をプレセントして・・」

という具合になってしまいます。

 

そこで私は考えました。

「男はロマン、女は不満」

じゃないかと・・・

 

一般的に女性は、

何かの不満がストレスになるのではなく、

不満が元気の素になっているのではないか

と思うのです。

 

これは、私の最近の経験から推論しています。

 

実は、私は、最近、

嫁さんの家事を手伝っています。

 

洗い物の係を任されているのですが、

いつもガミガミ叱られています。

 

たまに、言い返すと、倍になって返ってきます。

 

洗い物の作業は簡単、

汚れを軽く落として、食洗機に入れるだけ、

その後、嫁さんの点検があり、駄目だしされます。

「食器の入れ方が悪い。」

「順番が間違っている。」

「食器の間のスペースがない。」

 

たまにパーフェクトな場合があるのですが、

その時は、とても機嫌が悪くなります。

 

本来あるべき不満がなかった。

予定調和で無かったからでしょう。

 

不満が元気の素である嫁さんは、その日は何故か口数が少なかったです。

 

女性と皆様、

 

今回のメルマガの内容で気分を害されたと思います。

すみませんでした。

 

次回は男を貶めますので、お楽しみに

 

編集後記

うちの愛犬(チワワ 3歳)もメスですが、何故か、冒険が大好き!

どこにいっても、好奇心旺盛。

ペットのおもちゃのような宝物を土の中に埋めてみたり、

猫にこっそりと近づいて脅かしたり、とってもロマンチストですよ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す