ストロング(strong)タグの使い方

strongタグは、

検索エンジンにも読者にも

「この部分は重要なのですよ!」

ということを伝えることができます。

 

あなたは <strong> タグはどのように使っていますか?

SEO対策において、<strong> タグの使い方は大切なポイントになります。

 

<strong> タグと同じように強調タグとして<b> タグがあります。

 

どちらも同じく強調の意味で見た目が太字になりますが、
SEO の観点から見れば、違ったものとして扱われます。<strong> タグは検索エンジンにアピールしています。

一方
<b> タグは単純に見た目が太くなるだけの視覚的効果のみで、
検索エンジンには何のアピールにもなっていません。
従ってSEO 対策には <strong> タグを使っていきましょう。
キーワードには <strong> タグを、
単純に目立たせたいだけならば <b> タグを
というように上手に使い分けるのが、SEO 的に一番効果的な方法だと思います。

注意が必要なのは、

<strong> タグを記事中にあまりに多用しないこと
1ページに付き、2~3個までに留めて使うのがいいかと思います。
使いすぎるとスパム扱いされる危険性があります。
そこで、 <b> タグの出番になるわけです。
ページを作っていて、キーワード以外にも重要だと思われる箇所には
どんどん<b> タグを使えばよいのです。
どれだけ使ってもスパム扱いされる心配ありません。
まとめると
キーワードを含む語句に対してページで2~3個は<strong> タグ
その他に強調すべき語句には<b> タグを使いましょう。
次回は「サイト内画像のSEO対策」について解説します。

コメントを残す