第44回目 苦手な人とこうやれば上手くつきあえる

あなたにも、一人や二人、苦手な人がいませんか?

苦手な方と会う時は、心の中がざわざわして、落ち着きませんよね。

会わないに越したことはないのですが、

仕事とか付き合いの関係上、どうしても顔を合わしてしまう。

 

こんな時、苦手を克服する方法があるのです。

それは、

「嫌いな人の中に見える長所や短所が、

実は自分の中にもあるのだ言うことを素直に認めて、

それを気づかせてくれた相手に感謝をする」

 

簡単に言えばこういうことなのですが、

 

あなたが苦手としている人は、

あなたのことが苦手なはず、

 

それは、

あなたとその相手の方が短所と共有しているからです。

 

相手の中に見える嫌な部分(短所)が、

自分の中にもあるのだということを認めることができると・・・

 

あなたの中にもその人のいいところ(長所)が、

新しい才能として備わってくることになります。

 

あなたの苦手な人が、

あなたに新しい才能を授けてくれるのです。

 

では、実際には、

どのようにして克服すれば良いのでしょうか?

 

 

苦手な相手を観察して、良い所を見つけましょう。

探せば何かあるはずです。

 

その良い所を好きになりましょう。

そして、そのことを相手に口に出して言ってあげるのです。

最初は、相手も警戒して、本気で信じてもらえませんが、

毎回、繰り返していくことで、あなたの熱意も伝わります。

 

そうすると、不思議なもので、

相手もあなたの良い所を見つけるようになります。

 

それが、きっかけで、

大親友になったりすることもあるようですよ。

 

編集後記

私も振り返ってみると、親友と呼べる人は、最初は「付き合いづらいな」

と思った人ばかりです。

最初から、波長がピッタリあって、今も友達でいる人はいないです。

人生で一番大切な宝は親友と呼べる人を持つことだとおもいます。

 

そのために、神様が試練を与えているのかもしれませんね。

 

コメントを残す