第31回目 アイデアがどんどん湧き出る秘訣、知っていますか?

インターネットを使って、いろんな仕事をしていく中で、

アイデアが枯渇することってありませんか?

 

「自分で思いつくアイデアの数は、決まっていて、

それ以上出てこないのでは?」

という不安に襲われることもありますよね?

 

いつまでも、

湯水のようにアイデアが湧き出てきたらいいのに・・・

 

そうなれば、

ストレスからも開放されると皆さんお考えじゃないですか?

 

アイデアをどんどん湧き上がらす方法として、

「オズボーンのチェックリスト」

というものがあります。

 

そのベースとなる考え方が、

 

「世の中にあるほとんどの新しいものは、

既存のものと既存のものの組み合わせである」

ということ。

 

あらかじめ準備した次の9つのチェックリストに答えることで、

アイデア発想する方法です。

 

1.転用
新しい使い道は?他分野へ適用はないか?

2.応用
似たものはないか?何かの真似はできないか?

3.変更
意味、色、働き、音、匂い、様式、型を変えれないか?

4.拡大
より大きく、強く、高く、長く、厚くできないか?
時間や頻度などかえれないか?

5.縮小
より小さく、軽く、弱く、短くできないか?
省略や分割できないか?何か減らすことができないか?

6.代用
人を、物を、材料を、素材を、製法を、動力を、場所を
代用できないか?

7.再利用
要素を、型を、配置を、順序を、因果を、ペースを変えたり
できないか?

8.逆転
反転、前後転、左右転、上下転、順番転、役割など転換して
みてらたどうか?

9.結合
合体したら?ブレンドしてみたら?
ユニットや目的を組み合わせたら?

 

アイデアとは現状改善や
新しい価値創出を行うための着想です。

したがって、
現状について何ら問題を
感じていない人は、
アイデアを生むための
動機がありません。

 

何事にも問題意識を持つことが大事ですね。

 

編集後記

アイデアは創造するものではなく、見つけ出すことなのです。

 

無限のアイデアが実は、頭のなかにあります。

このアイデアを見つけ出す為に、「オズボーンのチェックリスト」で頭のなかを整理したり、探すきっかけを与えるのです。

物事を「あるがままに」見ることも大事ですが、いろんな角度から見なおしてみることで、脳もやわらかくなり、アイデアが常に湯水のように出てくるようになりますよ。

 

コメントを残す