内部リンク対策初級編

Google Web マスターツールで
XMLサイトマップの登録を行って頂いたと思いますが、
これで検索エンジンのクローラーが
あなたのサイトをくまなく廻ることが出来るようになりました。
内部リンク対策も奥が深いので、やることは、いっぱいありますが、
サイトアフィリエイト初心者の方が、最低限行うことを解説していきます。

1.3階層のサイト構造にする。

 

  1. トップページがあり、その下層に
  2. カテゴリーページがあり、その下層に
  3. 個別ページがある

そうすると、
トップページから2クリックで個別ページに行くことができます。

 

3階層以上のサイト構造にすると、
今どこにいるのかが、
読者も検索エンジンのクローラーもわからなくなります。

 

折角、コンテンツも充実しているサイトをつくっているのに、
迷子にしてしまうと勿体ないですよね。

2.パンくずリストを必ずつくる(下記画像参照ください)

leg

パンくずリストがあると、
サイトを訪問している読者が今どこにいるのかが、一目瞭然です。

検索エンジンのクローラーも、クロールしやすくなるので、
必ず、パンくずリストを作るようにしましょう。

 

SIRIUSでの設定は簡単です。

サイトオプション⇒全体設定⇒パンくずリスト

「表示する」を選ぶだけで設定完了です。

pankuzu

もう一つ裏ワザですが、

パンくずリスト/トップページの表示をサイトのキーワードに変えることで
SEO効果が高くなります。

 

デフォルトは「トップページ」になっていますが、
これを、サイトのキーワードに変えると、
クローラーも、そのサイトのキーワードをより認識するので、
検索順位はあがります。

 

3.アンカーテキストにはキーワードを含めます

アンカーテキストとは、リンクされている部分のテキストのことです。
このアンカーテキストにキーワードを必ず含めるようにしましょう。

検索エンジンのクローラーは、
特にこのアンカーテキストをより認識して、
リンク先のページとの相関性をチェックしているようです。

したがって、リンク先のコンテンツも
アンカーテキストを説明したものになるのがベストです。

また、このアンカーテキストも
毎回、同じテキストではなく、適当に散らバラす方が良いです。

例えばキーワードが、「ワンダーコア」だとしたら

アンカーテキストは

  • ワンダーコアで腹筋を鍛えましょう
  • ワンダーコアはコチラ
  • ワンダーコアの詳細はコチラ

のようなカタチで分散させましょう。

 

次回は、「HTMLサイトで報酬が発生するイメージ

について解説していきます。

コメントを残す