Google Web マスターツールでXMLサイトマップの登録

サイトの検索順位を上げる、安定させるためにはSEO対策が必要です。

SEOと聞いて、頭が痛くなる方も多いですよね?

 

サイトアフィリの作業の中で
一番地味で効果が見えないのが被リンクなどのSEO対策。

 

お金も時間もかかってしまうし、
一度やり始めたら、やり続けないと効果があらわれません。

でも、

今まで有効だと言われていた被リンク(外部リンク)の有効性が
相対的に落ちてきています。

 

検索順位を上げるには

当然ながら、有益なコンテンツかどうかが、一番のポイントですが、

近頃は、「外部リンクよりも内部リンクの方が有効だ」
という声を聞くようになりました。

 

内部リンク対策として、一番始めに行うこと、

内部リンク対策で必須なこと、

それが、Google Web マスターツールでXMLサイトマップの登録なのです。
Google Web マスターツールの登録の仕方を解説します。

Google Web マスターツールが何故必要かと言えば、

Google Web マスターツールを使って、XMLサイトマップを送信すると

クローラーがサイトを巡回し終わるまでのスピードを短縮することができ、
また、通常のクロールでは検出しにくいページにも
クロールしてくれるようになるからです。

 

Google Web マスターツールでXMLサイトマップの送信の方法

siri2

  1. Google Web マスターツールのダッシュボードにログイン
  2. ウエブマスターツールの画面右に表示されるサイトを追加をクリック
  3. 管理するサイトの URL を入力してください。の下の箱にURLを入力
  4. URLを入力後に現われる画面で別の方法のタブをクリック、
  5. その中からHTMLタグのボタンにチェックを入れます
  6. 「1. 以下の meta タグをコピーして、サイトのホームページにある <head> セクション内の、最初の <body> セクションの前に貼り付けます。」の下にタグが表示されます。(上記画像参照)
  7. そのタグをコピーして、「サイト全体の設定」でSIRIUSのサイトマップ認証用metaタグの下のボックスに貼り付けてサイトを更新します。(下記画像参照)
  8. ウエブマスターツールで[サイトマップ]→[サイトマップの追加]とクリックします。
  9. サイトマップの追加テストの画面に表示されるボックスに「sitemaps.xml」と入力する。

sir

これで完了です。

次回は、「内部リンク対策初級編」です

コメントを残す