アマゾンツールのレポートが見やすいのでブログのテコ入れの戦略をたてやすい

アマゾンアフィリエイトのツールはとても使いやすく、
全くの初心者の方でも直感でわかるように設計されています

 

ログインすると表示される画面の右端に、

12131

注文と売上が表示されます

注文は受注の数で売上は受注が確定した数

レポート全体を表示をクリックすれば、売上、注文の詳細が表示されます

売上レポートには下記の詳細情報が表示されます

  • 商品名
  • 出品者
  • 価格
  • 紹介料率
  • 発送済み商品
  • 売上
  • 紹介料
  • デバイスの種類

 

売上レポートの見方と注意点

出品者

出品者にはAmazon.co.jpとマーケットプレイスがありますが、

  • マーケットプレイスは、アマゾンの出店者から購入
  • Amazon.co.jpは、アマゾン本体から購入

報酬率の違いもなく特に、注意することがありませんが、
Amazon.co.jpの方が便利なところがあります

 

例えば、ある商品のアフィリタグを貼っていて、それが品切れになった際には、

  • マーケットプレイスでは、品切れでアフィリリンクを貼っていても当然、注文には結びつきません
  • ところが、Amazon.co.jpの場合、仕入れのチカラが半端じゃ無いので、何とか商品を探してくるので品切れになるリスクを最大限回避することができます

デバイスの種類
パソコンとモバイルのどちらかが表示されます

これも、参考にしておきましょう

 

12132

 

注文レポートには下記の詳細情報が表示されます

  • 商品名
  • 直接リンクのコンバージョン
  • 直接リンクのクリック数
  • 直接リンクを介して注文された商品
  • その他注文された商品
  • 注文数合計

 

12133

注文レポートの見方と注意点

直接リンクを介して注文された商品とその他注文された商品
が表示されます。

  • 直接リンクを介して注文された商品は、あなたのブログからリンクをクリックして購入されたケース
  • その他注文された商品は、24時間のクッキーの有効期間に他のサイト等からアマゾンのアフィリタグをクリックして購入されたケース

出来るだけ、直接リンクを介して注文された商品を増やすようにしていきましょう。

 

コンヴァージョンについては、今の段階では、それほど気を使う必要はありません

 

アマゾンツールのレポートは、
このように簡単な指標がとても見やすいのでブログのテコ入れの戦略をたてやすいです

また、デイリーにレポートを閲覧することが出来るので、
どのブログが実際に注文に結びつきそうかも把握することが出来ますね

次回は

楽天とアマゾンのサービスを比較をしてみます

コメントを残す