成果につながる本や教材の学び方
2つのポイントです。

それでは早速見ていきましょう。

ポイントその1)
「使うために学ぶという意識をしっかりと持つ」

もうね、ホントこれに尽きます。

この意識があるかないかで、

吸収の速さが100倍くらい変わってきます。

例えば教材DVDを見て、

講師の話した言葉で気づいたポイントなどを

ノートにメモしたり、

マインドマップに内容を要約したりするのは、

受身形の学習です。

行動が遅い人や成果に繋がりにくい人は、

教材や本を学ぶとき、

このような”受身形の学習”をしています。

一方、使うために学ぶというのは、

まずその教材や本を学ぶ前に

自分が「今」仕事で解決したい問題を明確にして、

その解決策を「探す」のです。

これを「目的型の学習」といいます。

つまり、、、

自分が今、解決すべき問題を明確にして

それを解決してくれそうなコンテンツを選んで

解決方法を探して

見つかったら

(そこで学ぶのをやめて)

即!実行に移す!

ということです。

そしてその問題が解決して

また次の問題に突き当たったら、

同じプロセスを行う。

あとはこの繰り返し。

ちょっとした表面的な問題や

わからないことだったら、

大体、どんな問題もこの方法で

問題を解決することが出来ます。

このフローを繰り返して

成果を出しながら前に進む、というわけです。

もちろん、受身形の学習で、

ものごとを体系的に学ぶということも

大事なことではあります。

が、それもバランスの問題。

そういうやり方ばかりしていたらダメですよ、

ということです。

それに、実践して

成功体験や失敗体験をたくさん積めば積むほど、

受身形の学習をしたときにもより染みこむもの。

僕の個人的な目安ですが、

目的型の学習:受身形の学習 = 8:2

これくらいを目指してみると良いと思います。

次に2つ目のポイントです。

ポイントその2)
アイディアを考えるときは教材や本にまみれる。

アイディアの正体を解明した人がいます。

それは「既存の知識と

既存の知識の組み合わせ」です。

つまり、知っていること

知っていること の組み合わせです。

これこそがアイディアの正体なのです。

ということなので、いいアイディアを出したり、

よりよい、今までと違うアイディアを出すためには、

教材や本を横に置いてパラパラと眺めながら、

「既存の知識」を増やしていくのが有効です。

パソコンの画面に向かって

「う~ん」と考えているだけでは、

今までと同じ平凡なアイディアしか出てきません。

アイディアを考えるときは、

資料にまみれるのが正解です。

僕も今でも、大事なコンセプトや
マーケティングを考える時や

コピーを書くときは、
いつも資料を片手に仕事を進めています。

ぜひ、アナタも試してみてください。

 

 

うちのチワワ(♀ 4歳 名前ミリ)は、ケージの中が好きなようです。

 

最初の半年はケージの中で寝かせていましたが、出せ出せとうるさいので

ケージから出して、私達が寝ている布団の上で寝ていましたが、

最近では、朝方にはケージに戻っています。

 

でも、また。寝るときにケージに入れるとうるさいでしょうね。

 

コメントを残す