文法やきれいな文章にこだわるのはやめましょう。

メルマガにしろ、ブログにしろ、

インターネットビジネスは

「文章を書く」ということで

成り立っています。

しかしこの「書く」ということは、

普段縁が無い方にとっては

なかなかハードルが高いです。

「何を書いたらよいのか分からない」

「書き始めても、

途中で手が止まってしまう」

あなたも、思い当たることありませんか?

これらの悩みの中には、潜在的に

「見知らぬ方に

読んでもらう文章なのだから、

くだらない話題では駄目だし、

言葉づかいの間違いも

あってはならない」

のような気持ちがあるのだと思います。

でも、難しく考えて、

不要なプレッシャーを

自分自身に与える必要なんかありません。

もっと気楽に考えて構わないのです。

『文章で人の心を掴むのに、

上手さや正しさや知識は必要ない』

ということなんです。

もちろんより良いものを目指すならば、

いずれ必要にはなりますが、

下手でも、文法上のミスがあっても、

まず1つでもメルマガなり

ブログの記事なりを仕上げることが

何よりも重要です。

それこそ話題など、

家族のことでも、

昨日のご飯が美味しかったでも、

密かに応援していた女優が

結婚してしまって悲しいなんてことでも、

構わないのです。

そうやって数を重ねることで、

自分で気づいたり、

読者の反応をうかがったりして、

文章というものは洗練されていくんです。

いくら本を読んだり、

書くためのノウハウを身につけても、

実際に書き始めなければ

絶対にあなたの文章は向上しません。

もし、あなたがそういった悩みを

抱えているのなら、

よけいな不安は捨てて、

まず、書きましょう。

そして、完成したら

適度に見直しして、

ネットの海に放ってしまいましょう。

心無い方から批判されるなんて、

めったにないことです。

そして、もし批判されたとしたら、

それはあなたの文章が既に

人を引き付ける力を

持っているという事。

どちらにせよ、

胸を張っていいんです^^

 

池本太郎さんのメルマガを一部だけ引用させていただきました。

 

うちのチワワ(♀ 4歳 名前ミリ)は、昼間はずっと寝ていますが、

今日は、ソワソワしています。

久しぶりに晴れたので、散歩に行きたいからかもしれません。

でも、外にはミリの苦手なものばかり、

本当に散歩が楽しいのか?

どう思っているのでしょう?

 

コメントを残す