「どうしよう」を「どうすれば」に!

予期せぬトラブルや、

思わぬアクシデントが起き、

自らが対応しなければならなくなった時、

多くの人が口にする言葉が・・・

「どうしよう~」

口にしなくても、

この言葉が頭のなかを駆け巡っている

かもしれません。

でも、この言葉を唱えている間は、

なかなか打開策は思いつけないんです。

「どうしよう」は

前向きな思考を促す言葉では

ないですから。

だからこれからは、

「どうしよう・・・」

が口をつきそうになった時は、代わりに

「どうすれば?」

という言葉を使うことをおすすめします。

どうすればこのピンチを

乗り越えられるのか?

どんなことを優先すれば

事態は好転するのか?

どんな因果関係で

今の状況がつくられてしまったのか?

「どうすれば?」

という言葉には、

前向きに現状を打開するための思考を

促す力があります。

日頃から前向きな言葉を使う

意識をしていきましょう!

 

[池本太郎さんのメルマガを引用しています]

 

うちのチワワ(メス 4歳 名前 ミリ)が大歓迎してくれました。

昨日は1日中、外出で帰宅したのが夜の11時頃。

1日、会っていなかっただけで、部屋の中を10周ぐらい廻り

顔を目掛けて突進してきました。

でも、1分程すると、

プイと顔を背けて行ってしまいました。

 

コメントを残す