良い二度寝はストレス解消になります

朝、布団から出るのはとても辛いですね。

 

外でお仕事をされている人は、眠くても起きないと

会社に遅れてしまいますが、

 

専業でアフィリエイトをされている方、

自分との葛藤で

後、5分と思って寝てしまうと、

既に何時間も経ってしまった

 

ということ

よくありますよね。

 

今日は

『心地よく目覚める方法』

つまり、

【すっきりと目を覚ますためには?】

どうすれば良いかをおはなししていきます。

まず、すっきりと目を覚ます方法として

おすすめなのが、

「浅い眠りのときに起きる」

という方法です。

人は眠っている時、約90分周期で

「浅い眠り」

が訪れます。

つまり睡眠時間が

3時間、4.5時間、6時間、7.5時間…

といったタイミングですね。

この「浅い眠り」の間に起きれば、

深い眠りの底から無理矢理起きることなく、

比較的すっきり目を覚ませるんです^^

いくらすっきり起きれるといっても

睡眠時間が少なすぎては体に毒ですから、

6時間や7.5時間がベターでしょう。

最近はこの周期を意識して

生活しているのですが、

先日うっかり睡眠時間5時間で

起床した時は、

起きるのがかなり辛くて

苦労しました^^;

それくらい、「浅い眠り」の周期で

起きるのは効果が高いという

ことですね^^

また、冒頭でお話した

二度寝について、

【良い二度寝はストレス解消になる】

そうです。

「10分だけ二度寝すること」

がストレスの解消になるのですね。

二度寝は「とても浅い眠り」なので、

体の疲れを取るのには適していないんです。

逆に20分以上二度寝してしまうと、

疲労感が増える結果になってしまいます。

でも、10分程度の二度寝は、

起床時に分泌される

ストレスに対抗するホルモンを

体中に行き渡らせる効果があり、

ストレス解消や、集中力を高める

効果があるんです。

一度起きた時にカーテンを開けて

朝日を入れたり、

就寝前に一度目の起床だけでなく、

二度寝用に10分後にもう1つ

目覚ましをセットしておくなどすれば、

寝過ぎることなく、

計画的な二度寝がしやすくなります。

・浅い眠りのときに起きる

それでも起きるのが辛いときは、

・二度寝は10分程度にする

この2つを取り入れれば、

あなたの目覚めはより心地よいものに

なりますよ。

ぜひお試しください^^

 

(池本太郎さんのメルマガを少し引用しています)

 

うちのチワワ(メス 4歳 名前 ミリ)は、

頻繁に見えない敵と戦っています。

 

普段の散歩でも、急に走り出して、吠えまくることが良くあります。

 

何がいるのかと、廻りをみても、何か特別なものはありません。

霊がみえるとか、特殊能力があるのではなく、

少し変わったものがあったりすれば、それに歯向かっていくだけのこと。

 

ミリは、本当に初物には弱いです。

コメントを残す