「相思相愛になる」とっておきの秘訣とは?

「この人と仲良くなりたいな~」

と思ったら、

あなたは、どんな行動をとりますか?

 

「この人と仲良くなりたい!」

そのために、意識して欲しいのは、たった2つのポイントです。

それは、

1)利害関係を考慮しない
2)共感ポイントを探す

まず、1)利害関係を考慮しない ですが、

 

とっかかりは、

利害関係が共通の方が仲良くなりやすいのは事実です。

でも、

利害関係ほど脆いものは無い。

 

利害関係が相反すると、

それまでの結びつきが強ければ強いほど、

相手のことを嫌いになってしまいます。

 

だから、ビジネスライクに割り切るか、

それとも、ビジネス(利害)とは離れたところで

結びつきを持つのが良いでしょう。

相手のビジネスの顔とプライベートな顔の

2つの側面があると理解できると

利害のぶつかり合いも

最小限に抑えることもできるでしょう。

次に
2)共感ポイントを探す ですが、

これは、

趣味の世界、

世相で気になること、

嬉しいこと、

悩んでいること

何かの共通点、もしくは共感出来ることがあるはずです。
あなたが、好意をもっているからこそ、

相手と仲良くなりたいわけで、

 

好意を持つという行動こそ、共通点、共感点があり、

それをお互いに認め合うということに他ありません。

 

だから、必ず見つかるはずです。

 

もし、どうしても見つからないとしたら、

仲良くなりたい人が興味を持ってる事に

興味を持つ。

そして、その興味を”行動”にする。

その人が感心を持ってることに

同じように感心を持って行動を続ける。

「こないだ教えてもらったあの件ですが、

実際にやってみたらハマりました!」

とか、

少なくとも、相手が感心あることに対して

真剣に行動した姿を見せることで

急接近すること間違いありません。

うちのチワワ(♀ 4歳 名前 ミリ)は、

スマホの電源を切る音に敏感です。

 

寝る前に床に入って、ス

マホでメールやニュースをチェックしてから眠るのですが、

眠る前に最後のおやつを貰えることが

条件反射的にわかっているみたいです。

 

スマホの電源の「カチャ」という音を聞きつければ、

どこからでもとんできます。

コメントを残す