タイプ別にアプローチしていくことでクリック率が劇的アップ

あなたは、どんな読み手に対して文章を書いていますか?

ペルソナの設定はとても大事ですが、

その前に、タイプ別にアプローチしていきましょう。

 

 

読む方のタイプがわかれば、

そのタイプ別にアプローチしていくのが一番ですね。

 

大きく分けて 読者は5つに分けられます。

1.論理的思考タイプ

データ、根拠、実績、機能、効率、数字を重視します。

2.感情優位タイプ

ストーリー、五感や感性をくすぐる言葉を重視します

3.不安優位タイプ

不安を自覚させる言葉、苦言、叱咤、脅しに弱いタイプです。

4.好奇心旺盛タイプ

新しさ、斬新さ、ユニークさ、画期的、物珍しさを重視します。

5.損得勘定タイプ

お買い得感、儲かる、特典、金銭的価値を重視するタイプ

 

ところで、あなたはこの中の何タイプですか?

 

タイプ別にアプローチしていく文章の例として

 

1.論理的思考タイプ

「100人中93人が効果を実感

吸汗性と速乾性に優れた高機能メッシュ素材 」

このような具体的な文言がこのタイプには有効です。

 

2.感情優位タイプ

「ベタつきなし、爽やかなつけ心地」

このような利用者の感覚に沿った文章が有効です。

 

3.不安優位タイプ

「これを付けないと、トンでもない状況が続きます。

それでも、選択しないことを選びますか?」

このような不安を煽る文章が有効です。

4.好奇心旺盛タイプ

「あなただから、この価値をわかってもらえます。

街中で目立つこと間違いなし・・」

自尊心、プライドをくすぐる言葉が有効ですね。

5.損得勘定タイプ

「本日より、3日間、あなただけに30%オフで提供します。」

購入して得することを理解させる文章が有効です。

 

タイプ別にアプローチしていくことで、文章にも説得力が出てきます。

やはり、オールラウンドで攻めるよりも、特化型で攻めるほうが効果があります。

 

試行錯誤を繰り返しながら、どのタイプの方が多いかを見極めてくださいね。

 

読者のタイプにズバッとはまれば、

あなたとの強固な関係性を築くこともできますよ。

 

うちのチワワ(♀ 4歳 名前ミリ)は、布団が大好き。

布団をひくと、必ずその上で暴れ回ります。

小さな布団をトラックに見立てて、全速力で走り回る姿は、とても面白いです。

そして、ひと通り、運動すると、その後、必ず、ウンチをします。

 

というよりも、ウンチをしたいがために、暴れまわっていたのでしょう。

 

コメントを残す