弱点や欠点は包み隠さすに事前に告知、それが共感を得る鉄則!

サイトの文章を作っている時、

商品の欠点を知らせれば、きっと読者は興味をなくしてしまうのでは?

 

と思いがちですが・・

 

弱点や欠点は包み隠さず

最初の方で開示しましょう。

 

読者が、あなたの紹介する商品やサービスを

あなたのサイトで初めて見るケースは殆どありません。

 

ある程度の基礎知識(弱点や欠点を含めて)は

持ち合わせているはず、

 

それなら、隠さずに打ち明けることで、

読者の信頼や共感を勝ち取りましょう。

 

その上で、

この弱点や欠点をどのようにリカバリーするかが重要です。

 

例えば不動産物件の紹介で

「この物件の最大の欠点は、

最寄り駅から徒歩25分という立地かもしれません。

(欠点の告知)

しかし、

駅周辺では得難い静寂さこそが、この物件の大きな魅力です。

日常を忘れさせてくれる自然がを間近に生活を営むことができ、

普段の疲れを癒してくれるオアシスとなるでしょう。」

(欠点のリカバリー)

 

このように書くと、

欠点どころか、それが、大きな魅力に感じてしまいます。

 

正直者の、あなたへの共感や信頼関係が出来ているので、

次のステップに進んでいく可能性が格段にあがってきます。

 

調べて分かるような欠点は、

最初に告知していくように心がけましょうね。

 

うちのチワワ(♀ 4歳 名前 ミリ)が、

坂道でおしっこをする際は、頭を坂の上の方に向けてさせるようにしています。

おしっこが後ろに流れるようにとのことですが、

 

今日は、頭を坂の下の方に向けていたので、

慌てて抱き上げて、方向を変えました。

 

ところが、

抱き上げた時も、おしっこを止めなかったので、

腕がおしっこでビシャビシャになりました。

 

きっと、いつもの恨みを晴らしてやろうと、

故意にしたのだと思います。

 

 

コメントを残す